猫の気持ちは仕草でわかる

猫をしっかりと観察しよう

頭をすり寄せるのは飼い主への甘えの表現

猫の感情を理解するには、鳴き声のほしっぽか耳や尻尾の動きなど、全身のボディランゲージをよく観察することです。

慣れてくれば、猫の鳴き声で喜びや怒りなどがわかるようになります。自分の頭や体をすり寄せてくるのは、甘えと同時に、顔の一部にある臭腺から出る臭いをつけて、飼い主に自分の存在を強くアピールしているのです。

尻尾や耳の動きは特におもしろい

猫の尻尾の動きを観察していると、飽きがきません。尻尾は上下左右に長い筋肉が発達していて、猫の気持ちがそのまま尻尾の動きに表れるからです。

例えば、甘えて人にすり寄ってくるとき、尻尾はピンと立っています。また叱られたときや、おびえているときは、尻尾を足のあいだに入れてしまいます。

猫の耳はふつうピンと立っていますが、恐怖や怒りにさらされると、後ろに倒した形になります。

猫のひげはレーダーの役目を果たしますが、それだけではありません。満足しているとき、警戒しているときなどのさまざまな感情を、ひげの状態から読み取ることもできます。

喉をゴロゴロ鳴らすのは気分がよいとき

猫の鳴き声は、実に変化に富んでいます。最もふつうにきかれるのは「ニャーニャー」という鳴き声ですが、これにも、餌の催促や飼い主の関心をひこうとするなど、微妙な違いがあります。

気分がよいときや飼い主に甘えているときは、喉をゴロゴロ鳴らします。反対に、怒ったときや緊張しているときは、「フー」とか「シュー」といったうなり声を発します。また、発情期には、人間の赤ちゃんに似た甲高い声で鳴きます。

毛づくろいが大好きな猫

セルフグルーミングで落ち着く

きれい好きな猫は、いつも自分で毛づくろいをします。猫の舌には細かい突起がたくさんあって、この突起をくし代わりにして、体についた汚れや抜け毛をじょうずに除去します。

このように、猫が自分の舌で毛づくろいすることを、セルフグルーミングといいます。セルフグルーミングは生後1か月ごろから始めます。

きれい好きな猫は、外から帰ってきたときや食事のあと、排尿・排便のあとなどは特に念入りに行います。

さらに、猫は唄覚が非常に発達しているので、体にいろいろな臭いがつくのを嫌がります。人間に抱かれたあと、必ずセルフグルーミングをする猫もいるくらいです。

セルフグルーミングを行う順序は、だいたい決まっていて、前足の内側から始め、顔、耳、肩、首のまわり、腹、後ろ足の順に行います。

セルフグルーミングでストレス解消

セルフグルーミングは、被毛の健康以外にもいろいろな意味があります。例えば、ストレスがたまったときや、飼い主に叱られたとき、けんかに負けたとき、獲物を取り逃がしたときなどにも行います。セルフグルーミングには、気分を落ち着かせる効果もあるようです。

セルフグルーミングがトラブルを起こすこともあります。外出先で体に毒物をつけた場合、その毒物をきれいになめ取ろうとして、中毒になることがあります。

けがをしても、おちおち薬を塗ることもできません。ストレスがたまると、猫は体の一部をなめるのが癖になり、その部分の毛が抜けてしまいます。最近は、この心因性脱毛症とよばれる皮膚病が増えているといわれています。