主従関係の中に生きがいを見いだす犬

集団生活こそが生きがい

群れで生きることが脳に刻まれている

かつて野生で暮らしていた頃、犬は集団で行動していました。そこには必ずリーダーが存在していたんです。

現在でも、犬は自分の属する家族を群れと見なし、順位づけをしています。犬にとって、順位は重要なものなんですね。

自分より上位の者の指示には従おうとしますが、自分より下位と見なしている者の言うことはまったくきこうとしないのがふつうです。

家族のなかで人によって態度を変えるというのは、家族内での自分の順位をその人より上に認識しているからなんですね。

しつけは順位付けをわからせることでもある

家族の誰に対しても従うようにさせるには、家族全員が犬よりも上位だと教えることが必要です。

そのためには、トイレなど基本的なしつけをおこなったのちに、「スワレ」「マテ」「フセ」などの服従訓練をしなければいけません。

アイコンタクトのとりかた

しつけ、訓練の基本ともいえるのがアイコンタクトです。目をあわせる行為が自然とおこなわれるようになれば、犬とのきずなも深まり、しつけや訓練がスムーズにおこなえます。

家族内の順位を誤って認識してしまうと、言うことを聞かないことが当たり前になってしまいます。服従訓練をおこない、正しい順位づけを教えます。

散歩のときにはリードでコントロール

犬の祖先は狼です。獲物を追って生きていたときの本能が残っているため、動くものを見ると、つい追いかけてしまうんです。

よく、犬が向かってきたときに走って逃げてはいけないといいますが、これは走ることで犬の追いかける衝動をよけいに刺激してしまうからです。

動くものを追いかけて暴走している最中は、犬は無我夢中です。この状態は非常に危険です。人をけがさせたり、交通事故にあったりすることも考えられます。

追いかけぐせに対しては、服従訓練をしっかりして、飼い主がいつでもコントロールできるようにしてコントロールします。

散歩中に動くものに反応し、追いかけようとするからといって、攻撃したいわけではないんですね。

単に追いかけたいだけの場合も多いわけで、動くものを追いかけるの獣の本能によるものだということなんです。