猫の食事に工夫を

食事の工夫で健康な猫に

成猫の餌は朝と晩の2回決まった時間

猫の餌でいちばん大切なことは、栄養です。餌の回数や栄養の割合を変えてやることも必要なんです。

離乳期の子猫、老猫、妊娠中の母猫を除いて、一般には朝と晩の2回、決まった時間に与えることが、猫の健康を維持させるコツです。

朝一度にたくさんの餌を盛り「好きな時間に好きなだけ」という与え方では、1回の食事の量にムラが出て、偏食や食欲不振のもとになります。

飼い主が食事をとる前に餌を与えておけば、猫のほうも人間の食べ物を欲しがらなくなります。

ムラ食いを防ぐ

成猫の食事は、朝と晩の2回が原則ですが、与えた餌の種類や量によっては、朝食べて晩に食べないこともあります。

これは猫の「ムラ食い」とよばれ、猫の祖先が狩りで獲物を捕食していた時代に、食べられるときにたくさん食べておこうとした食習慣の名残です。

ムラ食いは偏食のもとになるので、食べ残した餌は、はやめに片づけます。

猫に必要な5つの基本栄養素

1.タンパク質

筋肉を強化するのに必要です。動物性タンパク質は特に重要な栄養素です。また、タンパク質を構成するアミノ酸の中でタウリンがありますが、ほとんどの動物がタウリンを合成できるのに対して、猫はその能力がありません。

タウリンが欠乏すると、視力障害や心筋症、繁殖障害などを起こします。

2.脂肪

猫の瞬発力を生み出すエネルギー源として重要です。脂肪を構成する脂肪酸は被毛の発育や維持に欠かせません。

3.炭水化物

猫は人間ほど炭水化物を必要としませんが、エネルギー源の一部になります。

4.ビタミン

ビタミンは体の働きを調整し、成長を助けます。猫に必要なビタミンは、A、B、Eなどです。猫はビタミンCとKを体内で合成できるので、このふたつは餌として与える必要はありません。

5.ミネラル

カルシウムとリンは、骨や歯をつくる大切な栄養素ですが、リンが多すぎるとカルシウムが失われてしまいます。そのほか、いろいろなミネラルが体調を整える働きをしています。

猫ご飯だけで栄養不足に

昔の猫は、ごはんにカツオ節をまぶしただけの猫ごはん(猫まんま)や、みそ汁のだしを取った残りの煮干しをのせただけの粗末な餌を与えられていました。

これだけでは、塩分のとりすぎやビタミン不足になりやすく、けっしてよい食事とはいえません。とはいっても、かつて放し飼いで飼われていたころの猫は、猫ごはんだけでもけつこう元気に生きていたようです。

これはおそらく、ネズミや小鳥を捕まえて、自分で栄養バランスの偏りをうまく調整していたからでしょう。