ハムスターを長く飼い続けたい

生きるものは必ず老いるもの

ハムスターの老化

一般にハムスターの寿命は2年から3年ほどと言われています。2歳半を過ぎた頃から徐々に老化が始まるようです。

老化が始まると足腰が弱くなり動き回らずにうずくまることが多くなるはずです。食欲が落ちあまり食べなくなります。

また、毛艶が悪くなってきて、トイレをうまくできなくなったりします。老化が始まると、日に日に、目に見えて衰えていくので判別できます。

ハムスターは賢い動物

ハムスターはケージの中で食事する場所、トイレをする場所、遊ぶ場所、寝る場所をそれぞれ決めているのです。

中でもトイレは一度習慣づいてしまうと、そこでしかしなくなるので、老化で動けなくなるとトイレができなくなったというケースはよく見られます。

そのときは、飼い主がトイレまで運んであげなければなりません。老衰で亡くなる瞬間は、いつも寝ている場所にうずくまり、眠るようにして訪れます。

老化と違う原因で死亡する場合

ちょっとしたことで死んでしまう

ハムスターは体が小さい分、小さな病気や怪我が原因で死に至ってしまう事が結構あります。

また環境の変化にも弱く、ストレスを感じやすいため、季節の変化や引っ越しの際などにも気を付ける必要があります。

ハムスターの特徴をよく理解して健康で長生きができるように、小まめなケアと快適な環境づくりを行ってあげることが大切なポイントとなってきます。

先天性の病気

先天性の病気が潜んでいるかは、不明です。死因が明らかでない場合、医師でも判断が難しいのです。こういったケースの時、死因が先天性の病気だった可能性があるという感じです。

事故やケガ

活発でイタズラ好きのハムスターの場合、転落して頭部を強打するケースが多く見られます。

このタイプのハムスターは水槽型のケージを使用するなどして、むやみによじ登ってジャングルジムなどができないようにするなど対処が必要不可欠です。

環境の変化によるストレス

ハムスターは急激な環境の変化を嫌います。ストレスがたまって死んでしまうケースもあります。最低でも3日から7日位はハムスターのボディタッチなどはやめて、静かに見守るようにします。

慣れてきた後もできるだけ同じ位置に巣箱やトイレを設置するようにします。ハムスターは行動でストレスがたまっているか明らかになります。

何かを訴えているときはケージをかじったり、あちこち走り回ったりします。逆に暑い時は寝そべっています。

ハムスターが快適に過ごせる温度を確保したり、日中は静かに過ごせるような場所にケージを置きた方が良いでしょう。