猫に食べさせてはいけない食べ物

キャットフード以外の食べ物

絶対に与えてはいけない食べ物

ネギ、玉ネギ

ネギ類には、猫の赤血球を破壊する成分が含まれているので、これを食べると強い貧血を起こし、死亡することもあります。

ネギを材料にしたスープも与えてはいけません。鶏や魚の骨先がとがっている骨は、口のどの中を傷つけ、喉に刺さる危険があります。

猫は大きな鶏の骨でもそのまま飲み込むので、その骨が腸やⅢ門をふさいで便が出なくなることもあります。

アワビ、サザエ

これらの貝の内臓(わた)には、未消化の海草がつくりだす有毒成分が含まれています。

与えすぎてはいけない食べ物

塩分

塩分をとりすぎると、腎臓や心臓に負担がかかります。

アワビを食べると耳が落ちる

貝類、特にアワビの内臓には海草などの未消化物が残っていて、これが太陽にさらされると、光化学反応により毒素がつくられます。

この毒素が猫の体内に入ると、猫は日光に対して過敏になり、耳の先端など皮盲の薄い部分が、炎症を起こします。ひどくなると、その部分が脱落してしまいます。

猫にイカをやると腰を抜かす

生の魚やイカ、タコには、チアミナーゼという酵素が含まれていて、これを摂取しすぎると、体内のビタミンBが破壊されます。

その結果、元気や食欲がなくなって、筋肉痛や腰痛を起こしますが、そのときのしぐさが、腰を抜かしたように見えるのでしょう。

一度湯に通して、塩抜きをしてから与えましょう。糖分糖分のとりすぎは、虫歯や肥満症の原因になり、心臓にもよくありません。最近では、糖尿病にかかる猫の数も増えています。

イカ、タコ

イカやタコは消化がよくないので、食べすぎると下痢を起こします。猫はイカやタコが好物なので、食べさせるときは、煮たものを少量与えれば問題ありません。

牛乳

猫には乳糖を消化する能力があまりないので、牛乳を飲ませると下痢をする猫が多いようです。そんな猫には猫専用のミルクを与えてください。

干物類

さきイカや干物類を食べすぎると、胃の中で水分を吸収して膨張し、急性胃拡張を起こします。練り製品かまぼこなどの練り製品には、リンが多く含まれています。

練り製品ばかり食べていると、猫の体内でカルシウムとリンのアンバランスが生じ、骨格の成長に欠かせないカルシウムが、骨から出ていってしまいます。

猫にマタタビ

この諺は、大好物のたとえや、効果が著しいことのたとえに用いられます。実際、猫にマタタビを与えると、人間が酔っぱらったときのように、よだれをだらだら垂らし、まるで陶酔しているかのようです。

猫がこうなるのは、マタタビに含まれるラクトンやアクチニジンとよばれる物質が、猫の運動神経を一時的に麻ひ癌させるからです。

市販のマタタビには、飼猫を元気づけたり、落ち着かせたりするときに使うと書かれているものもありますが、動物病院で処方してくれることはありません。