餌と水分の与え方

とにかくまず餌を用意する

健やかな成長を手に入れるために

ハムスターを健康に飼育するために、まず欠かせないのが餌を与えることです。餌にはどんなものがあるのでしょうか。

えさには与え方の注意点があり、その種類もさまざまです。

ハムスターは何を食べるのか

ハムスターが餌を食べている様子はとてもかわいいものです。器用に手を使いながら、ほお袋いつぱいに餌を詰め込んでいる姿は、見ていて飽きることがありません。

飼育されているハムスターは、当然のことながら、人間が餌を与えるわけですが、さて、いったい何を与えればいいのでしょう。

注意しなければいけないことは、いくら飼い主がいろいろと栄養のバランスを考え、たくさんの種類の餌を与えても、彼らは高脂肪・高糖質の物が好きで、まず、それから食べていくということです。

そのようなものばかりを食べた結果がどうなるかは、人間にあてはめて考えてみても分かる通りです。餌を与える時には、その量もよく考えるようにしなければなりません。

ペレットなら市販されているものは、どの製品も安心して与えられると思います。ただし賞味期限だけは気をつけてください。

ハムスターの種類によって好みがあるので、何種類かを実際に与えてみて、よく食べる製品を早めに見つけたらいいと思います。

ハムスターは何でも食べる雑食性

野菜

好んで食べる野菜は、キャベツ、カボチャ、ハクサイ、ウモロコシ、ブロッコリーなどがあります。レタス、ネギ、トウモロコシ、ブロッコリーなとの刺激のあるものは避けます。

果物

果物も喜んで食べます。特にリンゴ、イチゴ、サクランボ、キウイフルーツは、ハムスターのお気に入りの果物です。食べやすいサイズにカットして与えたらいいでしょう。

小鳥の餌

殻つきと、ムキ餌があります。殻つきの方が長持ちします。最近では、フィンチ用、文鳥用、インコ用といったブレンドを替えた餌も市販されています。

ヒマワリの種

種のよし悪しによって商品のランクがあります。種が大きく、でっぷりしたものを与えます。クルミやアーモンドをスライスしたものも同様の栄養があります。

冬や栄養をつけるためには効果がありますが、与え過ぎには注意してください。

ハト・ニワトリの餌

アサの実、アオゴメ、コムギ、トウモロコシなどが配合されておりとても便利です。主食にも利用できます。

硬い乾燥トウモロコシなどは残すことも多いですが、それらは全て捨てて新しいものに交換してください。

にぼし

ダシ汁をとった後のものでも大丈夫です。塩分の少ないものを与えてください。動物質の餌としては手軽に使えます。

専用おやつ

ハムスター人気の上昇とともに、多くの製品が販売されるようになってきました。喜んで食べますが、あくまでもおやつとして利用してください。

ハムスターの食べられる野草

よく見かける身近な野草にはハムスターに与えても平気な食べられるものと、有毒となって食べられないものとがあります。どの野草が大丈夫かを見分けることは難しいと思います。

ハムスターに与えてはいけないもの

アボガド・ネギ類・チョコレート・古くなった食べ物などはハムスターにとって不要な餌です。むやみに与えてはいけません。ハムスターにとって毒になるものばかりで、ハムスターを短命にする可能性が強いといえます。