犬が喜ぶシャンプーの方法

シャンプーの方法

犬にとって気持ちいいようにシャンプーは優しく

シャンプーは月に1~2回おこないます。犬が気持ちよいと感じるように優しく洗います。目や鼻にシャンプー液が入らないように気をつけながら、毛並みにそってもむように洗ってあげます。

きれいにしようとして、力を入れすぎないように気をつけます。とくに、長毛種は毛がからまるので、ゴシゴシこすらないようにします。

シャンプーの手順

1.湯加減を確かめてから少しずつ体にかける
前もってお湯の温度を確かめます。38℃のぬるま湯が適温です。犬が驚かないようシャワーは足元からかけ、体の隅々までしっかりぬらします。
2.肛門嚢をしぼる
肛門の両脇にある肛門嚢を指で押し上げて分泌液をしぼります。液が飛び散らないように注意してください。まわりの毛についたら、シャワーで洗い流します。
3.シャンプー液をなじませる
全身にシャンプー液をなじませます。目にシャンプー液が入らないよう注意してください。
4.汚れやすい部分は念入りに洗う
肉球の間、肛門の周辺、おしっこがかかりやすいおなかの毛はとくにていねいに洗います。食べかすがつきやすい口のまわりは、両手で口を押さえながら汚れを揉み出すように洗います。
5.すすぎは時間をかけて
顔からすすぎ、背中、おなか、足の先と、上から下へていねいにすすぎます。シャンプーが残っていると、皮膚がかぶれたりすることもあります。シャンプー液がたまりやすい指と指の間なども、よくすすいでください。
6.リンスをかけてよくすすぐ
目や鼻にリンスが入らないように、顔を固定してからリンスをかけ、体全体にのばします。リンスも、すすぎ残しがないように気をつけます。
7.水気をしぼり、タオルで乾かす
毛や皮膚を引っ張らないように、手で毛の水分をしぼります。タオルでふきとるときには、全身をタオルで包んで水分を吸いとるように、押し当てます。
8.ドライヤーで乾かす
ブラシで毛を起こしながら、ドライヤーを当てます。おなかや背中など面積の広い部分から乾かします。目に直接風が当たらないように気をつけます。

水に慣らせる

水を好きになれば世界が広がる

最近は海でいっしょに泳いだり、川遊びをしたりする犬はたくさんいます。そんな様子を見つつも、「うちの犬は水が嫌いだから」とあきらめている人が多いみたいです。

初めに怖い思いをさせず、少しずつ水慣らし、遊ぶ楽しさを教えることが大切です。

無理強いはせず、飼い主自身が楽しんで犬を誘う

最初は流れる水を見せるだけ。それから手ですくって水を犬の足|こかになじむのをあせらずに待ちます。それから少しずつ水にぬれることに慣らしていきます。

また、飼い主が水のなかで楽しそうに遊んでみせ、楽しそう、いっしょに遊びたいと犬が思うように仕向けるなど、犬が自分のペースで水になじむのをあせらずに待ちます。