とっても飼いやすい小型犬を選ぼう

飼いやすい犬の中型犬

どのサイズが良いか

その結論を出すとしたら、あなたの生活スタイルに合わせることにより、おのずと決まってくるでしょう。

犬を飼いたい人は、「家が狭いし大変そうだから小型犬がいい」とおっしゃる方や、「どうせ犬を飼うのなら大型犬を飼いたい」とおっしゃる方が多いです。

「小型犬では物足りないけど、大型犬だと持て余しそうだから中型犬がいい」という意見はほとんど聞くことがありません。

しかし、断言してもいいかもしれません。中型犬って本当に良い選択なのです。中型犬は本当に良いサイズ感です。

たとえばボーダー・コリー。体重は14キロくらいです。小型犬に比べるとやや大きいです。

でも、小型犬に比べるとめちゃくちゃ大きいというほどでもなく、小型犬の中では大きめの柴犬と比べると、一回り大きい程度で大差はないように感じます。

大型犬ほど、大量の餌を食べるわけでもありません。それでいて、フリスビーや水泳、登山など、ハードなスポーツもこなせます。

ほどよいサイズで扱いやすい

程よい大きさで、犬と一緒の生活もエンジョイできる、程よいサイズ感なのです。中型犬は小型犬と違い、圧倒的に運動量が必要とされることが多く、散歩が大変なイメージがあるかもしれませんが、小型犬とはまたひとつ違った楽しみがあります。

中型犬の魅力はなんといっても個性。犬種毎に特徴が異なるのはもちろんですが、個体によって性格が大きく異なります。

同じ犬種なのに、あの子は穏やかなのに、別の子はすごいやんちゃなんてことが少なくありません。

また、小型犬と比べると、寿命が短いと思われがちですが、犬種によっては大して変りません。

小型犬は一人暮らしにも飼いやすくて人気ですが、かわいらしさと体力を兼ね備えた中型犬も人気があります。

雑種も魅力的

ミックス犬(雑種)も中型犬の大きさに入る犬が多いのです。ミックス犬というのは、いろんな犬種が混ざっているので、実は病気にかかりにくい強い品種です。

小型犬等は、人間によって品種を掛け合わせて作っているので、免疫力がどうしても低くなりがちです。

又、中型犬は大型犬よりも平均寿命が長いので、それはそれで安心です。大型犬よりも運動量と食事量は少なくて済みますし、病院代もかかりにくいと考えられます。

昔は中型犬は外で飼っていましたが、現在は室内で飼う事が増えています。実は中型犬は室内で十分飼える犬なのです。

犬を飼うのに、部屋の広さはあまり関係ありません。その代わり、散歩や外での運動をしっかりしてあげましょう。

中型犬で良かったことは、小型犬ほどは麻酔量や手術などが難しくなさそうです。大型犬や超大型犬より平均寿命は長いほうです。