犬の食事で困らないためにやっておいた方がいいこと

犬が喜んで食べるえさ

好き嫌いをする犬

よく、うちの犬は好き嫌いが激しい、という話を聞くことがあります。でも、その犬もはじめから好き嫌いがあったわけではないはずです。

問題は、飼い主のえさの与え方です。そこに問題があったため、好きな食べものを選り好みするようになったのです。

まず、犬に好き嫌いはダメだと学習させます。犬が食べようとしなかったら、すぐに食器を取り上げます。そして、犬の見えないところに片付けてしまうのです。

そして、他のものを与えることもしません。次の食事も同じものを与えます。食べなければ片付け、また次も同じ食事を与えるのです。

かわいそうなのは好き嫌いを覚えた犬のほうです。そのうち、空腹のせいで、これまで食べようとしなかったものでも食べ始めます。

犬が食べ終わったら、食器はすぐに片付けます。食べていないからかわいそうだと考えるのはまちがいです。

そこで別の食べものを与えてしまっては、終わりです。いつまでたっても好き嫌いが直らないのです。

しつけられたことの方が犬の幸せ

空腹になれば、そこにあるものを食べるしかないです。健康な犬なら2、3日食べなくても問題ありません。

結果、しつけられた犬は、出された食べ物を好き嫌いなく喜んで食べるようになるのです。食事が終わったら、すぐ片付けることも大事です。

もし、ドッグフードを食べないとしたらそれも食べさせ方に問題があるのです。よく食べてくれるフードが見つかってもすぐに食べなくなってしまったと言う場合です。

これでは、いくらフードを変えても、同じことになってしまいます。好き嫌いを作る飼い主の原因をはっきりさせましょう。フードを食べないと悩む飼い主の方に問題があるのです。
・新しいフードを探す
新しく変えたヌードも食べなくなってしまうので、また、新しいフードを探している。これはフードに飽きてしまってワガママになっているという可能性もあります。

対処のしかたは、それでも同じフードを出し続けることなんです。違うフードに変えてしまっては同じことの繰り返しです。犬のワガママはもっと増大します。犬は食べなければ新しい物が出てくると学習してしまうからです。
・置き餌をしている
フードを置いておけば食べるだろうと、一応置いておいてあげている場合です。ふつうは、決まった時間にご飯を出して、食べたらすぐに下げます。それを、常にご飯を置いておき、犬がいつでもご飯を食べられるようにするのが置き餌です。

いつ食べてもいい、という状態にしておくと、犬はいつでも食べられるから、今は食べなくてもいいと思うのです。

すると、飼い主がご飯を与えても、すぐに食べようとしなくなってしまうのです。ご飯を与えてもすぐに食べないときは、すぐに片付けてしまいます。すると、食べないと片付けられるとわかって、食べるようになるのです。
・手で食べさせる
食べないと心配なので、手で食べさせることもある場合です。自分で食べなければ、構ってもらえると思ってしまうのです。

構ってもらいたいという甘えから、わざとそのような行動をとるのです。ご飯を出して一定時間食べなければ下げてしまえば、きちんとわかるようになります。
・おやつを与えている
フード以外にオヤツをあげると喜ぶので習慣になっている場合です。ご飯の他に、美味しいおやつをたくさん食べている場合です。

犬にとっては、フードよりもおやつの方が美味しいわけです。すると、フードよりもおやつの方が好きになって、フードは食べなくなるのです。明らかに好き嫌いをしているときは、おやつを完全にやめるべきです。

これでは、まるで犬にあやつられているようなものです。犬がわがままに思うように飼い主は行動しています。

良かれと思ってしていることが、すべて裏目に出ています。結果、思うような状態になれずに悩んでいるのが現実です。犬の思うままになるような行動は泥沼化していくのです。