夏の時期のハムスターの飼い方

暑い時期の飼い方

急激な温度変化が苦手

ハムスターも暑い季節、湿気が強いことが苦手25℃位の温度がハムスターの過ごしやすい気温とされているので冷房などを使用してその温度に近づけてあげます。

急に冷え込む夏の夜にもハムスターが温度変化をあまり感じることがないようにエアコンでの調整が必要になります。

熱中症や急激な温度変化は最悪時にはハムスターの命を奪い去ってしまうこともあるので注意なければなりません。

また、冷房の温度設定を25℃に保つのはちょっと設定温度が低く人間の体感温度として寒く感じます。

電気料金的にも気になるという人はハムスターのお部屋の上やお部屋の隅にハムスターの安全を確保して保冷剤を置くなどしてハムスターのお部屋の温度を下げるようにします。

水分補給も重要

いつでも水分をとれる状態にしておきます。ハムスターは汗をかかない動物なので水分はおしっことなって体内から排出されます。

夏は湿気も高く、菌やカビの繁殖も起こりがちなので、水やエサが腐っていないかのチェックに加え、ハムスターのお部屋の頻繁な掃除を心掛け清潔な状態を保ってあげます。

蚊にも注意

ハムスターも人間と同じく蚊に刺されます。適度に蚊取りマットなどを使用して蚊に刺されない環境を作ってあげることも大切です。

温度変化に弱いハムスター

急にハムスターがぐったりしたら、熱中症にかかっている可能性があります。春から夏にかけての時期は気温の変化が激しいので要注意です。

人間にとって適温であっても、ハムスターにとっては不快な気温かもしれません。ハムスターにとっての適温は20から22度の気温です。

26度を超えてしまうと、暑く感じて熱中症のリスク生じます。だいたい20度あたりが適温と考えたら良いでしょう。

種類によっても違う

ゴールデンハムスターは暑い砂漠地域に生息していたので、寒さに弱く、暑さに強いのです。

キャンベルハムスターやロボロフスキーハムスターはもともと寒い地域に生息していたので、寒さに強く、暑さに弱いのです。

やってはいけないこと

熱中症にかかってしまった場合はゆっくりと体温を下げることが重要です。扇風機の風を当てたり、保冷剤を直接触れりしてはダメです。

ハムスターは汗をかかないため、扇風機の風では体温は下がりません。また、保冷剤を直接あててしまうと、急激な体温低下で体に負担が生じます。

一番良い方法

冷やしたタオルでくるんであげることです。そして、冷えたタオルでゆっくり体温を下げてあげます。

だんだんとハムスターが元気になってくれば、糖分を取らせてあげましょう。水分補給の必要性脱水状態になっているので、糖分を多く取らせて、効率良く水分補給をします。

はちみつや、砂糖を水に薄めて与えます。脱水症状がひどい場合であると点滴が必要なケースもあります。

巣材、床を工夫する

夏場は基本的には、熱気逃がしやすくするために、ケージなども夏向けの涼しいものにするのも手です。

ガラスやプラスティック製の水槽などのかわりに、通気性のよい金網のケージに替えたらいいでしょう。

陶器でできた入れ物とその中に敷く専用マットが市販されています。中に小さなアイスノンを入れられるようになっていたりします。掃除、水替えも小まめに夏場は、暑さでエサや飲み水も腐りやすいので、小まめに水替えをします。