猫に首輪は必要か?

猫の首輪

素敵なアクセントになる首輪

猫を飼っていると、一番に思いつく猫へのプレゼントは首輪です。はたして、猫がそれを喜んでいるかどうかは置いといておしゃれな首輪が一つのアクセントになることは間違いないです。

猫に首輪をつける理由

「飼い猫だとわかってもらえる」事です。我が家では、完全室内飼いをしていますが、それでもこちらの隙をついて彼は脱走を試みます。

飼い主の不安は増すばかり外は慣れていないので、すぐに戻ってくるとわかってはいても「車にはねられたらどうしよう」「どこかの猫と喧嘩したらどうしよう」「誰かに連れていかれないかな」「迷子になって帰ってこれないかも」「野良猫と間違われて保健所に連れていかれちゃったら・・」など、不安になってしまうのです。

そんなときのために首輪をつけるただ、間違ったつけ方をしてしまうと、それは命の危険があるので要注意です。

首輪のベルトは、指が1、2本入るくらいで留めるのがいいです。苦しそうだからとゆるゆるにつけてしまうと、とっても活動的な猫はすぐにどこかに引っ掛け、首が締まってしまいます。

犬とは違う猫の習性に注意

また、毛づくろいや首を掻く時も、歯や後ろ足の爪が引っかかって「びゃーーー!」と鳴いたりします。

もちろん、キツキツもだめです。材質にも注意が必要万が一の時には、首輪が外れる構造になっているものもありますので、愛する猫ちゃんには安全なものを選びたいですね。

猫の迷子防止に有効ネームタグやプレートをつけるのがおすすめです。鈴は動くたびにちりんちりんと鳴るので、猫にとってストレスだと聞いたこともあります。

それをネームプレートに替えるのも、おしゃれなアクセサリーっぽくなっていいですね。大切な猫ちゃんだからこそ、安全のためにしっかりとした首輪をつけてあげましょう。