ハムスターの独特の行動

手で持つと、いつもジャンプして逃げる

無理につかまえたりはしない

好物(ひまわりの種など)をのせた手のひらを、ハムスターの前にそっと置いてください。

その時絶対に動かさないこと。すると、ハムスターは自分から手の上に乗り、エサを食べ始めます。

よくここでうれしさのあまり、手を持ち上げたり、「やった-」と声をあげてしまう人がいますが、これではハムスターは落ち着けません。

これを繰り返して、ハムスターが手に自然に乗ってくるようになったら、初めてそっと持ち上げるようにします。

ハムスターを車に乗せる

車に寄ってしまう可能性

車酔いはハムスターも例外ではありません。でも、ハムスターは咽吐することができないため、酔っているかどうかはっきりとはわからないのです。

もしかすると、少し元気がなくなったり、食欲が落ちたりすることもあるでしょうが、まずひと晩もたてば落ち着きます。

そうはいっても、できるだけ楽にドライブさせたいですね。小さなケージに小屋を入れて、中での揺れが最小限になるようにしてください。

また最低1時間たったら、5~10分は休みを入れます。プラスチックケースの中にトイレと小屋を入れれば簡易ケージになります。本来のハムスターのケージも持参することをお忘れなく。

飼い主の指をかむ

しつこくさわってはいけない

まだ信頼関係も芽ばえていないのに、大きな手で追い回されると、体の小さなハムスターは襲われていると勘違いします。

追い詰められればかみつくわけです。。あせらずに、第一段階のケージの外からコミュニケーションをとることから始めましょう。

ただ、決して無理強いをしていないのに、向ってきてかみつく種類も。キャンベルのなかには攻撃性の強い例が多いようです。

ごくまれに、何に対してもケージ越しに鳴きながら突進してきてかもうとする、まったくコミュニケーションが成立しないハムスターがいます。