ハムスターの繁殖方法について知りたい

素人でもできるハムスターの繁殖方法

誰でもできるハムスターの繁殖法

ハムスターを飼ったばかりの人が繁殖にチャレンジするというのは難しいイメージがあります。意外とそんなことはありません。要は、オスとメスのハムスターを同じ箱の中に入れておけばいいのです。

そのために入れるタイミングを知ることです。時期的なタイミングは十分に考慮する必要があります。普段からじっとしてばかりのハムスター同士を同じ箱に入れても、何の変化も示さない可能性があります。

発情期さえ逃さなければ成功する

いわゆる発情期になっていれば交尾をしやすいため、発情期の段階でオスとメスのハムスターを引き合わせればよいということになります。

しかし、ハムスター同士でも相性と言うものはあります。お互いにタイプではない場合は、一緒の箱の中に入れても交尾はしません。

オスとメスのハムスター同士を引き合わせた時に様子を見ます。お互いに関心を持つかどうかお互いに興味を示しているようであれば、そのままにしておけばいいですし、全く関心を示していないようであれば、別のハムスターに入れ替えます。

そういうわけで、結構成功する可能性は高いといえそうです。確かにタイミングを見はからう必要はありますが、繁殖させる方法そのものは決して難しいものではなく、誰にでもできることです。

なかなか難しいハムスターの性別の見分け方

ハムスターのオス、メスを見分けるのは難しい

ハムスターには、オスとメスでほとんど違いがないことから、ふつうに見ただけでは全く区別がつきません。実は、ハムスターの雌雄を見分けるための資格もあるくらいです。どちらがメスでどちらがオスのハムスターなのかを見分ける判別はそれだけ難しいのです。

具体的な判別法については、まずハムスターの裏側を見ます。その時に、ハムスターの肛門と尿道口の間の距離を確認するのです。この距離が長い方がオスで、短い方がメスということです。この方法でもハムスターの性別を判断することはできますが、肛門と尿道口の距離の基準がすぐにはわからないため、素人の方にはやはり判別が難しいのです。

もう一つの判別法

もう一つの判別法は、成長期のオスを観察することです。成長期のオスには、裏側の部分に陰嚢と言われる部分ができることから、その部分を目視することで性別を判断することができるのです。メスのハムスターには陰嚢の部分はできないことから、分かりやすいと思います。

また、オスを基準に考えるのではなく、メスならではの特徴によってハムスターを見分けることもできます。メスのハムスターの場合、肛門と尿道口の間の部分に膣口があります。そのため、オスの時は陰嚢を見て判別できますが、メスの時は膣口を見て判別できるのです。