シャム猫は性格が悪いと言われるがそうでもない、毛色が温度で変化

シャムの毛色は気温によってかわる

暑い時は白く、寒いとより黒くなる

シャムの原産地は、シャム、今のタイです。19世紀末までは、タイの宮殿や寺院でのみ飼われていた門外不出のネコでした。

確かにシャムには神秘的な要素があります。それはシャムの毛色が、生きているうちにどんどんと変化していくことです。

こんなことはほかのネコでは考えられません。渦巻き棋様で生まれたアメリカン・ショートヘアは、一生渦巻きのままです。

生まれたばかりのシャムは、全身が真っ白です。それがおとなになる間に少しずつ、鼻や耳、しっぽが黒くくなっていきます。

しかも興味深いのは、気温によって色のつき方に違いが出るということです。寒い環境で育ったシャムは、耳やしっぽだけではなくて全身が黒くなります。

反対に暑い環境で育ったシャムは、黒くなる部分がほとんどなく白ネコのままです。

原産国タイ

14世紀から秘宝として珍重

体の色の変化はシャムの毛の色素の量が関係しています。皮膚の温度が低いと色素の量が増えて黒くなり、高いと色素の量がかわらないために白いままというわけです。

シャムの体のなかでも鼻や耳、しっぽなど体の先端部分が黒いのは、その部位の体温がとりわけ低いからです。

19世紀末に、タイからイギリスにやってきたものの、当時のシャムは気温の変化にとても弱かったようです。

最初に連れて来られたシャムのつがいは、熱帯のタイから、湿気が多く寒さの厳しいイギリスへと渡ったために、気候があわず死んでしまったといいます。

現在のシャムは改良の末気候の変化にも対応できるようになりました。そして、だんだんと体全体が黒ずんできます。これは体温が少しずつ下がっているためです。

スフィンクスはなぜまったく毛がないのか

突然変異で生まれた無毛のネコ

1966年カナダで突然変異により毛のないネコが生まれました。これを種として固定しようとしたのが、スフィンクスです。

それ以前にも毛のないネコの存在は知られていましたが、繁殖には成功していませんでした。毛がないといっても、子猫のときには全身が毛におおわれています。

しかしおとなになるにつれて無毛に近くなり、顔や耳、背中、足、しっぽに短い産毛が生えているだけの状態になります。

ヒゲもありません。生えていてもとても短いものです。肌の色は、白や黒、青や茶色などさまざまです。大きな目と耳が特徴的で、体や顔にはしわがあります。

ただ現在でも繁殖の過程で、毛のあるネコが生まれることがあるようです。「毛がないなんて、なんだか寒そう」と思われるでしょうが、まったくその通りです。

肌にもそれほどの厚みがあるわけではなく、スフィンクスは寒さを大変苦手にしています。また毛がないため皮膚が傷つきやすく、直射日光も避けなければなりません。

ですからスフィンクスを飼うとすれば、室内飼いにする必要があります。

人なつっこくて、愛情表現が豊か

普通ネコといえば、ふさふさのやわらかい毛と、毛におおわれた愛くるしい顔がトレードマークであり、多くの人はそれを「かわいい」と感じます。

スフィンクスの容貌はその基準からはかなりはずれていますが、性格はほかのネコと同じです。人なつっこくて、愛情表現が豊かです。

飼い主の近くに存ってきてはl甘えたがります。特にネコの毛アレルギーでネコ好きの人にとっては、ネコでありながら毛がないスフィンクスは、とてもありがたい猫なのです。