犬は寂しがり屋、群れから離れる分離不安に押しつぶされてしまう

寂しくて飼い主と離れられない

リーダーへの依存心

依存心の強さに比例するようです。飼い主との別れは世界の破滅だとも思うようです。ひとりぼっちは、不安で不安でたまらないわけです。

犬はもともと群れで生活する動物、1頭でいると不安になるのがふつうです。とくに依存心が強い犬は、飼い主が外出すると、不安がつのって、むだぽえをしたり暴れたり、おしっこをしたりするなどの問題行動を起こします。

これを「分離不安」といいます。寂しさのあまりに、強いストレスを感じている状態です。何度か経験すれば、耐えられるようになるのが普通です。

分離不安の原因は、多くの場合、飼い主が犬を甘やかしすぎることです。飼い主との関係が密接になりすぎると、離れたときに犬が感じる不安も強くなります。

ベタベタしすぎず、それでいて、心のきずなは結ばれているような距離感が理想的です。

子犬のうちは、飼い主が長時間外出をすると、犬はパニックになってしまいます。短い時間ですぐ家に戻りましょう。

飼い主はかならず戻ってること、留守番は特別な事件ではないことを、少しずつ犬に体感させてあげることが大切です。

不安を感じないよう遊び道具をあげます。犬が留守番をして不安につぶされそうになるのは、飼い主の外出後、約30分以内といわれています。

長時間遊べるおもちゃを用意して、寂しさを感じるヒマを与えないようにすると、効果があります。たとえば穴があいていて、中にドッグフードをつめられるおもちゃがあります。犬はフードをとることに気がまぎれ、楽しく留守番できます。

犬の社会は縦社会

平等はありえない

犬社会は上下関係を大事にする縦社会です。犬を多頭飼いしている家庭で注意しなければいけないのが、大の順位なんです。

全体のリーダーはもちろん飼い主ですが、犬の間には順番ができています。どんなことも、上位の犬を優先しておこなわなければいけません。

平等では、先輩犬の面目丸つぶれです。上位の犬は、ごはんやおもちゃを下位の犬よりも先にもらい、飼い主のそばに陣取って寝ます。

「年上なんだから譲りなさい」という気持ちは犬には通じません。上位の犬にがまんをさせると、ストレスを感じ、自分の地位を誇示するために、下位の犬を攻撃することにもなりかねません。

通常は、先輩の犬、大型犬、オスが上位になりますが、小型犬やメスであっっても、気が強ければ上にいく場合があります。

無用な小競り合いをさせないためにも、飼い主は、犬が決めた犬同士の序列を把握しておくことが必要です。

犬づきあいは公平じゃなくていいんです。人間は手を出さないでください。犬同士がケンカをするのは、序列が乱れた場合です。

人間が下位の犬をかばう行動をとると、上位の犬は納得できません。ケンカがどんどんエスカレートして、大ケガをすることになりかねません。

犬同士で序列が決まれば、ケンカはしなくなるものです。いじめのように見えても、出血するようなケンカに発展しないのであれば、無視して、犬同士で決着をつけさせましょう。