落ち着きのある犬、反抗的な犬、犬の感情を表現するしくみを知ろう

落ち着きのある犬に育てるには

冷静な犬に育つための道はひとつではない

犬のしつけ方や育て方を書いた本が、たくさん出ています。経験豊かな動物学者や訓練士によって書かれた本を読めば、犬を育てていくうえでの確かな知識が手に入ります。

ただし、本に書いてあるのは一般的なしつけ方です。それがすべての犬に当てはまるわけではありません。
犬それぞれに特有の性格があり、それにあったしつけ方をしていくことが大切です。

性格を見分けてあげる

犬の幸せにつながる

たとえば、どこに行っても落ち着いていられる犬に育てたいと思ったら、「すわれ」「まて」などのしつけを徹底することが必要です。

そのとき、傷つきやすい犬には繊細なしつけが必要ですし、調子にのりやすい犬には厳格な命令が必要です。

しつけに絶対はありません。犬の性格を見極めて、柔軟に対処することが、お互いにとっての幸せにつながります。

雄には攻撃性や支配性、なわばり意識が強い犬が多く、冷静な犬に育てても、ちょっとした刺激で落ち着きを失ってしまうことがよくあります。どちらかといえば、雄よりも雌のほうが落ち着きがあり、冷静といえるでしょう。

呼んでも無視する

反抗ではなく、なにも聞こえないほど夢中

反抗ではなく、無邪気な子ども心です。子犬のころは呼んだら飛んで帰ってきたのに、最近無視するようになってきたと怒る飼い主がいます。

それは、成犬になる前の成長過程のなかで、好奇心や独立心が強くなっている時期かもしれません。

また、犬はいくつになっても子どもの心をもち続ける、遊びの天才です。楽しいことに熱中しているタイミングだと、大好きな飼い主の声であっても耳に入りません。

夢中でなにも聞こえていない

公園やドッグランのような広いところで、蝶を発見して夢中で追いかけたり、無心で穴を掘って遊んでいるとき、犬はまわりが見えていません。

遊び足りなくて、帰りたくない

もうひとつ考えられる理由は。飼い主の呼ぶ声に気づき、我に返って戻ってみたら、そのときは飼い主が怒っていて、リードにつながれ、その日の散歩が終了になるという経験をくりかえしている場合です。

「呼ばれたから戻ったのに怒られた」「戻ると散歩が終わりになる」と解釈をして、戻ることを嫌がるようになったのです。

こうした事態を防ぐためには、呼び戻してすぐにリードにつなぐのではなく、戻ってきたことをよくほめてから、次の行動にうつるようにしましょう。