猫の年齢、人間と違って1カ月で人間の1歳、1年で18歳に相当する

猫の年齢を人間の年齢にたとえると?

1カ月で人間の1歳、1年で18歳

3歳以降は1年で7歳分歳をとります、1歳で一人前だとみなされます。子猫から成長をみていると、大きくなるのがとてもはやいことがわかります。

猫の生後1ヶ月は、人間の年齢にたとえると1歳。子猫が若いころほど急成長します。猫にミルクをあげなくなり、乳離れがはじまる時期が、人の乳離れの時期とほぼ同じということで換算し猫の生後6カ月は、人間でいうと10歳にあたりです。

ただし、猫の脳はおとなの猫の知能レベルは、1歳半の幼児程度です。

猫の1歳は、人間では18歳に相当します。メスは性的に成熟しており、子どもを産める体になります。オスも1歳前後から発情期がはじまります。

最高34歳まで生きた猫も

猫の年齢換算は猫の平均寿命、高齢記録と、人間のものとを照らし合わせて割り出すため、時代によって流動的ですが、猫が3歳になり完全に成熟してからは、1年で7歳分ずつ歳をとっていく計算になります。

飼い主のいない野猫の平均寿命は7〜8歳といわれていますが、病気やケガなどでもっと早く亡くなる猫も少なくありません。

ペットのイエ猫の場合は、平均寿命はだいたい12歳ぐらい。室内飼いをされている猫や、去勢や避妊手術をしている猫のほうが長生きをする傾向にあります。

現在は34歳が猫の最高齢の記録。最近は食餌の改善や医療の発達によって、20歳近くまで長生きする猫も珍しくありません。

おとなになってもあどけない表情

家畜化されたため

家畜化によって、幼さが強調される容姿や習性を持つようになったためだと言われています。おとなになってもあどけなさが残る「ネオテニー」ライオンやトラも、赤ちゃんのときにはあどけない表情をしています。

でも立派なおとなに成長したライオンやトラを「あどけない」と感じる人はまずいません。ところが猫はおとなになってからも、あどけなさがずっと残っています。

これは猫がネオテニー(幼形成熟)といって、r・どもの性質を残したままおとなになっているからです。

イエ猫の祖先はリビア猫。リビア猫は最初、穀物庫にいるネズミをねらい人間が住む集落にやってきたと考えられています。

そうしたリビア猫のうち、人兄知りしない子猫や自分で獲物をとれない猫を拾ってきて飼いはじめたのが、イエ猫の祖先ではないかといわれています。

人と暮らすようになって、猫の唯活は一変しました。なにしろ飼い主といっしょにいれば、食べ物もねぐらも保障されています。

独り立ちをしなくても、子供のように保護される存在として生きていけるわけです。だから猫はおとなになっても、子どものように飼い主に甘えてきます。

また体型についても、大きな日やまるっこい体など、子どもっぽい特徴を残すようになりました。

ペットの猫より野猫は野性味が強い

ただし同じイエ猫のなかでも、人間に飼われているペットの猫と飼い主のいない野猫では子どもっぽさの度合いが違います。

ペットの猫は飼い主に甘え放題ですが、野猫は自分でテリトリーを守り、食べ物も独力で探さなくてはならないからです。

野猫のなかには、野性味のある鋭い目つきをした猫も少なくないですよね。猫盛りには8匹程度子どもを産みます猫の性成熟は生後半年から1歳前後で訪れて、生殖能力はメスが12〜13歳、オスが15歳ぐらいまで続きます。

15歳というと人間の年齢に換算すれば80代後半に相当しますから、かなりの高齢になるまで恋を楽しんでいるということになります。

まあ猫としては別に楽しんでいるわけではなくて、「子孫を残すためにおこなう大事な仕事のひとつニャ」という性質のものなのかもしれませんが……。