ハムスターの体調が悪い、歩き方がおかしいといった異常な時の対処法

病気のときや体調が悪いときの世話の仕方

人間の風邪がうつる

うつることはないので、隔離の必要はありません。それよりも、自分の体調が悪いからといって、ハムスターの世話をおざなりにすることだけは避けましょう。

どうやってクスリを飲ませる?

腰を振って嫌がるのが普通です。暴れるようなら、爪切りの要領で、タオルを使って頭をしっかり隠します。

ハムスターの切歯を避けて、スポイトなどの先を口の横から差し込めば、簡単に含ませることができます。

薬そのものを嫌がる場合は、薬に混ぜ物をしても大丈夫かを獣医に確認してから、ジュースなどに混ぜて与えるのも良い方法です。

また、目薬をさす場合も嫌がります。薬を飲ませたり目薬を上手にさすのは、飼い主の慣れがいちばんです。

きちんと運動制限をする

最小限の設備が入る大きさのものに交換します。必要最小限の設備とは、眠るスペース。トイレ。エサ置き場・水飲み場があるということで、歩く(ウロウロする)スペースはゼロと考えてください。

高さも低いものを選びます。金網を登ってしまうようであれば、水槽タイプを使用します。

また、トイレや小屋の入り口も、出入りが楽にできるように段差のないものにするか、段差にスロープを作るなど、工夫してください。

それでも狭いケージの中で暴れるような場合は、獣医に相談して鎮静剤を処方してもらうとよいでしょう。

病気の時のエサ

食欲が低下しているハムスターは、「おいしいもの」しか食べない傾向があります。食欲が落ちていても、おいしそうな匂いのするものや、容易に食べられるものなら食べるでしょう。

たとえば、ハムスターフード(ペレット)をお湯でふやかして、人肌程度の温度で与えたり、野菜を細かくしたりペースト状にして与えてみましょう。

それでも自力で食べない場合は、ペースト状のフードを、薬を飲ませるようにして、スポイトを利用して与えてみてください。

ただし、こういうエサは変質、腐敗しやすいので、十分に注意してこまめに取り替えてください。

小さな体でもしっかりと見つける

大きな前歯が1本欠けている

歯のつけ根の歯を作り出す部分さえ痛めていなければ歯は再び伸びてきます。そうなれば、下の歯が伸びすぎていても、すぐにかみ合わせによって削れるので問題ありません。

しかし、もし歯が伸びたり生えたりしない場合は、下の歯を定期的に削る必要が出てきます。

ホオ袋が外に出ている

押し込んでやればOKです。しかし、何度戻してもまたすぐに引っ張り出してしまったり、いつも気にして手入れしている場合は要注意です。

ホオ袋自体か、ホオの内側に炎症や腫傷があるのかもしれません。ホオ袋の炎症を引き起こす原因は、いくつかあります。

熱すぎる食べものによる火傷や、腐った食べもの・不潔な巣材・刺激性物質などをホオ袋の中に入れてしまった場合などです。

もし繰り返すなら、十分に注意してください。ヘンなクセなどとのんきに構えず、すぐに病院に向かいましよう。

ホオ袋がいつも膨れている

ちょっとかわいそうですが、ホオ袋の中を調べてみましょう。ホオ袋の中味がもしひまわりの種ならば問題ありません。

しかし、位置が変るようであれば、腫傷の可能性も否定できません。小さいうちに手術しないと、たとえ良性であっても切除しきれなくなります。早めに受診しましょう。

お腹だけが妙にでっぷりしている

頭がとがった感じになり、あばらも浮いていませんか?はっきりいって、これは非常に悪い状態です。

ひょっとすれば、お腹のあたりをさわるとゴロゴロしたしこりを感じるかもしれません。また、腫傷から腹膜炎を起こして、腹水がたまっていることもあります。

老齢であれば、心不全や肝不全による腹水症の可能性があります。この場合手助けをしてあげることを、いちばんに考えなければいけません。

早急に病院に行けば、それも可能です。しかしすでに食欲不振や呼吸困難の状態であれば、すでに肺水腫や胸水症を併発して、呼吸困難に陥っている例もあります。

毎日見ていて、不安が増すこと

ハムスターの背中をつつくと怒る

ハムスターは、なでられる程度のことは割と平気です。しかし、小さな人間の子どもは、唐突な動きをしてしまいます。

大きな声を出したり、力の加減がわからなかったりします。ということで、ハムスターにとっては子どもは苦手な存在といえそうです。

小さな子供がハムスターと遊ぶ時には、必ず大人がつきそって、優しいさわり方を教えてあげたほうがいいのです。

小さな子どもだけでハムスターを扱わせないということは、ハムスターを驚かせてかまれる事故を防ぐだけでないのです。

体の大きさは、遺伝?

体の大きい系統や小さい系統がたしかにあります。しかし、同じエサをあげて同じように育てていても、異常に成長の遅い場合は、病気が隠れている可能性があります。

明らかに小さいハムスターは、念のため病院で診てもらった方がいいかもしれません。同じ環境・同じエサで育てたにもかかわらず、1009に達しないコもいれば、2009を超すコもいます。

この差は遺伝的傾向が強いようです。また、メスは一般にオスより大きくなります。オスが先天的あるいは後天的な病気のせいで成長しきれず、小さくなってしまうこともあります。

いきなりお尻が腫れてきたら

ハムスター体と比較して、まるでタヌキの置物のようによく発達した皐丸をもっています。

これを後ろに引きずるようにして歩くのが普通なんです。また皐丸は体温調節の役割もしているので、夏はとくに露出し、余計におしりが腫れているように見えるのです。

反対に寒かったり、体調が悪い時は、露出していた皐丸がお腹にくっついてしまうことがふつうです。

口から腸が出ている

腸のように見えるのが口の両脇にあるホオ袋です。ホオ袋は、食物などを詰め込むと広がって、首の後ろにまでふくらみますが、中味が空の時は、しなびた風船のような状態です。

ホオ袋の中味を取り出す時にホオ袋が反転していっしょに出てしまう場合や、内側をきれいに掃除する時に出すことがあります。

通常は自分で元に戻しますが、いつまでも出しているようなら、湿らせた綿棒を使って、奥に押し込んでください。

もし、何度入れてもすぐに出してしまうような時は、ホオ袋が炎症を起こしているかもしれません。病院へ連れて行きます。