犬にしっかりと上下関係を教えるには、わからせるためのしつけが必要

しつけられた犬ほど可愛い

飼い主をリーダーだとわからせるのがしつけ

群れで生きる動物にとって、食餌の順番は群れのなかでの順位を示します。犬に対して飼い主がリーダーシップをとるためには、ほしがるからと先に犬に食べさせたり、食卓からものを与えたりしてはいけないんですね。

それを守らずにいると、次第に犬は飼い主をリーダーとして認めなくなってしまいます。そして、挙げ句の果てに、食卓に足をかけたり食餌をねだって吠えたりとマナーが悪くなってしまうわけです。

では基本的なしつけのみちすじはどうなっているのでしょうか。

1.「ヨシ」と「イケナイ」を教える

食餌を食べるときは、必ず飼い主が「ヨシ」と指示してから食べさせます。盗み食いをしようとしたら、すかさずリードを引いて「イケナイ」と叱ります。

もし、持っている食器にとびつこうとしたら、瞬時に、リードを引いて「イケナイ」と叱ることが重要なんです。

2.「スワレ」の言葉と姿勢をわからせる

スワレを教えたい犬に「スワレ」を理解させるためには、「スワレ」の言葉と姿勢を教えなければいけないんです。

まず、犬に「スワレ」と繰り返し声をかけ、同時に手で腰を押したり、おやつを使うなどして「スワレ」の姿勢をとらせます。

「スワレ」の姿勢をとらせたときに、すばやく「スワレ」といいます。そうすれば、犬は「スワレ」という言葉と、座るという動作を結びつけるようになるでしょう。

3.おやつを使って「スワレ」を練習する

犬にはあらかじめリードをつけておきます。犬の名前を呼びながらおやつを見せて、犬を真正面に呼び寄せます。

おやつを鼻先に見せ、犬が興味を持ってかぐようにします。おやつを持ち上げ、「スワレ」の姿勢をとらせるおやつを上に上げ、大きな声で「スワレ」といいます。

犬は目でおやつを追って頭が上がり、腰が下りるので自然と「スワレ」の姿勢になります。リードを引き上げて手助けしてもよいでしょう。

「スワレ」の姿勢ができたら、体勢を崩さないうちに「よくできたね」とほめ、そのあとでごほうびのおやつをあげるわけです。

4.おやつなしでもできるようにする

最終的には、おやつをあげないで言葉に反応させることが犬と並んで立つおやつを使わないでできるように仕向けていきます。

まず、犬のわきに立ち、リードを短く、しっかりと持ちます。腰を押さえる「スワレ」といいながら犬の腰に手を当てて押し下げます。同時にリードをななめ後ろに引き上げ、座る姿勢に導くんですね。