ハムスターの飼育ケージ選び、適当な大きさと、掃除のしやすさも基準

ハムスターを迎える準備

始めてならハムスター飼育セットが便利

お気に入りのハムスターを見つけたら、次は、ハムスターを迎える準備ですね。飼うためにはいったいどんなものが必要なのか、わかったうえで飼育器具をそろえましょう。

ハムスターを購入する前、あるいは購入と同時に必要な器具は、以下のようなものです。
・飼育ケージ(金網カゴ、水槽など)
・エサ
・床材
・巣箱
・エサ入れ(浅くて広いもの)
・トイレ
・掃除用具
・給水器具
・まわし車
・土
・土管
・木製の遊び道具

これらを先にそろえてから、ハムスターを迎え入れるようにします。

飼育ケージの選び方

金網かごの飼育ケージ

ハムスターを飼育するために必要なものは、まず飼育ケージです。金属の格子になっているものがいいのですが、ハムスターがかじっても壊れないことと、逃げ出せないことの条件さえ満たしていれば、どのような容器でもかまわないですよ。

ペットショッブに行くと、ハムスター用(もしくはリス兼用)の、烏カゴに外観がよく似た金網カゴが販売されています。ハムスターを買う時にも勧められることがあるかもしれません。さすがにハムスター用とうたっているだけあって、便利にできていますから。

AMC万能ケース

万能ケースとは、耳慣れないかもしれませんが、ペットショップでよく見かける上面が網になっている、乳白色のケースのことです。ハムスターはこれに入れられて売られていることが多いのですね。

ショップで利用されることが多い点からも分かるように、非常に使い勝手がいいものです。長所としては、軽くて丈夫、安い、取り扱いやすい、通気性がよい、洗いやすいなどでしょうか。

短所は、かさばらないかわりに少し狭い点と、横からは観察しにくいことです。大掃除の時と、増えたハムスターや、病気、ケガした時の一時避難場所としては非常に重宝するでしょう。

水槽ケース

最近はショップでも、ハムスターをガラスのケースに入れて販売しているところを見かけます。テラリウムを作るにはこれらが最適です。

また、観察するという点では、邪魔な金網が視界に入ってこないため、とてもすっきりしますね。

下に何を敷いた場合でも、ハムスターが暴れまくってもまわりに飛び散ることは少ないでしょう。

通気性が悪く、空気がこもって蒸れてしまうのでは心配になりますが、最近は肥虫類飼育者が増えたため、規格水槽に合わせて作られたステンレスの網ブタが売られています。

また、アクリルなら簡単に穴を開けられるし、最近では初めからサイドに穴が開いている水槽も売られています。

衣装ケースを使う

安くて、加工もしやすく、かなり大きなサイズもあるため、衣装ケースを使用している人もたくさんいるようです。

金網カゴ飼育の場合、スノコをはずしても、ハムスターがカゴをよじ登り、側面や上面で足を引っかけて骨折するケースがあるのですが、それを避けることができます。