猫の出産とは?母猫が忍耐強く、命がけで子猫の世話をするのが普通

忍耐強い母猫に感動する

いよいよ出産の始まり

陣痛の間隔が短くなってくれば、出産の始まりです。出産の時間は、猫によりまちまちですが、初産の場合は1匹分娩するのに約30分~60分と、いくらか長めになります。

出産のプロセス

1.陣痛が始まって30分~60分で子猫が産まれてくる。普通は頭から出てくるが、足から出てくることもある。
2.母猫の体内で子猫を包んでいた胎膜を母猫はすぐに破る。
3.母猫は子猫を包んでいた胎膜を舐め取る。この刺激で子猫は呼吸を始める。
4.へその緒母は猫がかみ切る。後産の胎盤を食べてしまうこともあるがこれは異常ではない。
5.母親が子猫を舐め終えると子猫は母親の乳首を探す。
6.1から5を繰り返して出産は終了する。

次に2匹目の子猫が生まれるまでの時間も、5~60分と一定していないので、飼い主は注意深く分娩を見守ってあげます。

母猫は、分娩と分娩との間に自分で餌を食べ、生まれたばかりの子猫にお乳を与えることもあります。分娩の途中で母猫を驚かすと、分娩が中断することもあります。

生まれる子猫は平均で4~5匹

猫の出産パターンは個体差が大きく、経験豊富なメス猫でも、出産にかかる時間は一定していません。

1回の出産で生まれてくる子猫の数は、品種や出産の回数、健康状態などで異なりますが、1~8匹、平均して4~5匹です。

猫の分娩を見ていると、人間ではとてもまねのできない忍耐力に、感心させられることがあります。猫は自分だけの力で、出産のすべてをこなします。

逆子が原因の難産などで、母猫が苦しがる場合を除き、人間が手を貸す必要はありません。

体の一部が出かかっているのになかなか出てこない場合は、飼い主による助産が必要になります。そのようなときでも、飼い主はけっしてあわててはいけません。

子猫の体をガーゼで包み、陣痛に合わせながらゆっくりと引っ張り出します。そのとき、はげましの言葉をかけてやることも、目に見えない助産になります。

逆子の出産でもほとんど心配ない

子猫が後ろ足から先に出る、いわゆる逆子も、猫の出産では珍しいことではありません。逆子でも正常に分娩されるケースがほとんどなので、母猫が元気なら心配することはありません。

同じ逆子でも、後ろ足よりお尻のほうが先に出る場合は、難産になることが多いようです。

子猫の世話を母猫がしないとき

母猫が、生まれたばかりの子猫のめんどうをみないことも、たまにはあります。こんなときはあわてずに、飼い主が母猫のピンチヒッターをつとめます。

子猫が、まだ胎膜をかぶっているなら、お胎膜を手で取り除きます。へその緒は、子猫のへそから4~5mのところを糸で結び、はさみを使って胎盤側で切り落とします。

子猫が息をしていないようなら、子猫を両手のあいだに入れ、頭を下にして上下に軽く振って、遠心力で鼻や口に入っている羊水を出します。

そのあと、体の汚れを落とし、タオルでよくぬぐって乾かしてから母猫にもどします。