ハムスターのケージでの繁殖はいつから?種類や年齢での違いとは

繁殖は比較的簡単

計画性のない繁殖は危険

繁殖方法は、ハムスターの種類によってそれぞれ違ってきます。慎重に繁殖をすすめ、母子ともに無事に、かわいいハムスターの赤ちゃんを迎えてください。

ハムスターはとても繁殖力の強い動物なので、環境さえ適切ならそれこそネズミ算式に増えていきます。

増えすぎた子を、「産まれた子は全部私が面倒見る!」という方や知人に譲ったり、ペットショッブで引き取ってもらえる方はいいのです。

しかし、それができない場合はどうしたらいいのでしょう。面倒が見きれないと、ハムスターを野原や公園に逃がしたりしたらどうなるでしょう。

ハムスターを逃がして、これで何の気がねもなく、自由に生きるなどと勘違いしていないでしょうか。

家の外は犬、猫、ドブネズミ、蛇、イタチ、狸、ふくろうなどハムスターの敵だらけです。結局、食べられてしまうのも仕方ないことです。

外に放り出されたハムスターが環境に適応して、子孫を残し、繁栄するのはたぶん不可能でしょう。もし、日本の気候でも生きのびられるハムスターがいたら別ですが。

また、もしも、どんどん子孫を増やした場合、生態系に狂いが出てくるかも知れません。生態ピラミッドの下の方にいるでしょうけれど、何らかの影響は生じるかもしれません。

飼育方法はうまくいっている証拠

繁殖に成功するということは、飼育している生き物の飼育方法にはそれなりに正しかった、ということです。

だからといって、調子にのって繁殖させるのは、望ましいことではありません。人間はコントロールできる動物です。自分の責任のもとに、繁殖計画を立てていくことが大切です。