犬のよだれに異常、泡を出したり、体が震えたりしたら熱中症の可能性

犬のよだれ

犬のよだれが出るわけ

健康な犬なら、食べ物を連想してよだれが出るものです。よだれが出てしまうのは自律神経からの命令です。食べ物を連想すると唾液をたくさん分泌してのどを通りやすくしようと反応します。

犬は汗をかかないので、体温や水分量を調節する時にもよだれを出します。汗をかくことで体内の温度を調節するので、唾液を出して体温を調節しています。というわけで、犬がよだれを出しているのは普通のことなのです。

よだれが多く出ているときは何か異常があるかも知れません。何らかの病気を疑ったほうがいいかもしれません。

どんな症状か、普段の様子と比べてどうか、口の中の異物やケガで歯の隙間にものが挟まったり、歯茎にとげのようなものが刺さったりしているかもしれません。

異物を洗い流そうと大量の唾液が出てきます。異物が口の中にある時、それを取ろうと口の周りを前足で掻くしぐさをすることが多いみたいです。

食中毒や異物を食べた結果、刺激物質が口の中の粘膜に触れて炎症が起きたり、毒物のために口の周辺が麻痺を起こして、大量のよだれが出ます。

けいれんを起こして意識がない場合は、一刻も早く動物病院へ連れて行きます。

熱中症を起こしている

全身に汗をかくことのできない犬は、熱い時は呼吸によって体温を下げるしかありません。熱中症になると口を開けたまま激しく呼吸し、さらには大量のよだれを出すようになります。

熱中症が疑われる時には、足から全身に流水をかけて体温を下げます。そして、動物病院に連絡をとります。