臆病な性格が変わってハムスターが急に凶暴化する原因、個体差も大きい

性格を知れば、飼い方もわかるもの

ジャンガリアンハムスター

人になつきやすい

どの動物を買う場合もそうですが、ハムスターを買う場合もしっかりと知識をつけて準備をしないといけません。

ハムスターの種類によって世話の仕方は変わるジャンガリアンハムスターはとても小さく、人に懐きやすいという初心者におすすめのハムスターです。

複数匹同じケージで飼うことも可能ですが同性は喧嘩をしやすいと言われています。雄と雌のペアで飼うのがいいでしょう。

ハムスターを飼うために必要なもの

まずはケージ、そしてケージの中に色々必要な物を入れていきます。ジャンガリアンハムスターは狭いところが好きまずは寝床寝るとき落ち着ける小さな巣箱を入れてあげます。

そして床に引いてあげる木くずのチップ、木の香りが強いもののほうが防臭効果がありおすすめです。

次はトイレです。実はハムスターってしつけをすればちゃんとトイレの場所を覚えてくれます。そして食事をするエサ入れと給水器給水器は吊るすボトルタイプが水の入れ替えも楽でいいです。

そして運動不足にならないための回し車適度に散歩をさせてあげるなら必要ないかもしれませんが回し車を回す姿は可愛いのでおすすめです。飼う場合はしっかりを愛情を持って世話するですが注意点もあります。

ハムスターは太りやすい動物です。食べている姿が可愛いからといってむやみやたらに食べさせていると肥満になってしまいます。適度な食事と適度な運動をさせてあげることが大切です

ブルーサファイアハムスター

ジャンガリアンハムスターの一種

ブルーサファイアハムスターは、ジャンガリアンハムスターの一種です。しっぽの部分が毛で覆われているのが大きな特徴として目立ちます。

この類のハムスターは、季節が冬に移り変わっていくとともに白く体毛の色が変わっていきますが、環境によってはそうはならないこともあります。

おとなしい性格性格としては、最初はやや緊張したような素振りを見せることがあります。そのため、飼ったばかりの段階で頻繁に手で触ったりしていると、驚いてしまう可能性が高いです。

初めはあまり触れたりしないはじめのころは、丁寧に世話をしてあげることが重要です。そうするうちに、次第に懐いてきます。

なつきやすいのの飼育のしがいがある

飼育のし甲斐があるということです。気温の変動にはあまり対応できない寒い季節になった場合は、保温してあげることが何よりも大切です。

寒い環境下でブルーサファイアハムスターを放置していると、次第に弱っていき、最悪のケースになってしまうことも十分に考えられます。

そのため、環境づくりには適切に配慮をしていかなければなりません。比較的飼いやすい種類といえるこのように、いくつか注意しなければならない点はありますが、そこを気にしておけば、飼うのは難しくありません。

キンクマハムスター

性格もおとなしい

ハムスターによって性格が全く違うため、それぞれのハムスターに合わせた飼い方をしていく必要があります。

キンクマハムスターの飼い方見方によっては金色にも見える美しいハムスターです。性格はおとなし目で人になつくタイプです。

世話をするのに苦労はしません。愛らしいと感じられるハムスターです。比較的飼いやすい種類鳴き声は本当に小さく音を出す程度です。

甲高い鳴き声を出すことはないため、うるさいと感じることもありません。寿命は数年程度であることから、あまり長く飼っておけないのです。

縄張り意識が強い

縄張り意識の強いハムスターです。頻繁に走り回ったりはしないため、大きめのケージは必要ないのですが、注意しておかなければならないことは、複数のハムスターを飼う場合です。

自分の陣地に強いこだわりを持っています。他のハムスターにその陣地を荒らされると非常に反抗を示す場合があります。最初は一匹から飼い始めるのが無難です。

その他に気を付けることは特にないため、一般的なハムスターと同じ飼い方で大丈夫です。