犬を描いた映画とは?感動を生む、犬との友情と信頼関係の素晴らしさ

犬との信頼関係が際立つ作品

犬と小さな女の子の友情を描いた映画

・マリと子犬の物語

舞台は中越地震で実際にあった話を映画化したものです。大地震で家が倒壊し、下敷きになった家族を犬が助ける所は非常に感動します。

子供を産んだばかりの母犬も怪我をしながらも必死で、下敷きになった家族を助けようとします。

さらに自分の力が及ばないと感じた犬は、他の人を呼びに行き、助けてもらいたいとせがみます。

また、集団避難によって、犬たちが村に置いて行かれるシーンは、胸が引き裂かれそうになります。

ヘリコプターのなかから泣き叫ぶ小さな女の子の様子が、何とも切ない気持になります。飼われていた犬とその子供たちは、自分たちで餌を探して生きて行かなくてはなりません。

さまざまな困難のあと、女の子と犬が再開するシーンの頃にはもう号泣の状態になるかもしれません。

犬と子供と災害の話はどれも感動を呼ぶものですが、この映画は特に実話を題材にしていることもあり、真に迫る感動があります。

日本は大きな地震が多い国です。人ごとではない状況で、多くの人が共感できるストーリーだと思います。

犬は家族の一員だと再認識できます。犬は単純にペットというだけではなく、家族を助けてくれる非常に頼もしい家族の一員だということが、この映画を見ると良く伝わってきます。

災害時のこうした勇気ある犬の活躍はいろいろあるようです。この映画のような感動する犬との友情を描いた作品は、世代を問わず、末永く見続けられていってほしいものだと思います。

見たくなる犬のアニメ

犬だからこその忠誠心の美徳

・忠犬ハチ公

以前、リチャード・ギア主演で「忠犬ハチ公」がハリウッド化されたのはご存じですか。今までも、日本のみならず世界中で犬を題材にした作品は数多く作られてきました。

作品の中の犬達の一所懸命な姿や愛くるしさに人々は心打たれます。

人気のディズニーアニメ

犬達の魅力が詰まった犬が主人公だからこそ見たくなるアニメがいっぱいあります。

・わんわん物語

1955年に公開されたディズニーの名作です。飼い主のダーリングさんのお屋敷から家出をしたコッカースパニエルの女の子レディが、野良犬トランプに助けられたことから二匹が恋に落ちるというラブストーリー。

生まれも育ちも違う二人が互いに惹かれあいます。その過程がまるで人間のラブストーリーのように繊細でロマンチックなんです。

二人がイタリアンレストランの裏口でスパゲッティーをほおばるシーンはまだお互いの気持ちを確認し合ってないドキドキ感がいっぱい。挿入歌の「BellaNotte」が雰囲気を盛り上げていて本当に素敵なのです。

ラブストーリー的展開以外もどこどこハラハラ。トランプが保健所につかまってしまったり、とアドベンチャー要素も盛り込まれ最後まで目が離せません。

ディズニーの「白雪姫」や「シンデレラ」等の作品ほど有名ではないのですが、まさにディズニークラシックの隠れた名作なのです。

レディとトランプのアドベンチャー&ラブストーリー、見終わった後、きっと温かい気持ちなれます。とてもすばらしい作品なのでぜひチェックしてみてください。

犬を描いた漫画

犬が登場する漫画も大好き

・犬部! ボクらのしっぽ戦記

命の大事さを教えてもらう本です。犬としての気持ちを考えさせられるマンガです。

・いぬやしき

その男には誰にも言えない秘密があります。58歳サラリーマン2児の父です。希望もなければ人望もない冴えない男なんです。しかしある日を境に男のすべては一変します。

・犬夜叉

ごぞんじ、高橋 留美子さんの犬夜叉です。この際、全巻そろえてみてはいかがですか。

・あしょんでよッ ~うちの犬ログ~

ほっこりほんわかまったりとした作品です。同居している飼い犬との、かわいくてかわいくてしかたない日々。わんちゃん観察型あるあるショートコミックです。

・イズモがゆく

ほのぼのとしたストーリーです。犬を飼っている人なら、「わかるわかる」と頷いてしまいます。自分をこんな風に待っててくれる「家族」がいるんです。

・いくえみさんちの白い犬

大型犬を飼ってる人にはたまらない作品です。全身全霊で老犬を愛していることが伝わってきます。犬のかわいらしさ、いじらしさ、お間抜けぶりが余すことなく出ています。読んでるだけで幸せな気分になる作品です。

・織田シナモン信長

本能寺の変で無念の死を遂げた織田信長が、犬に転生。ゆるーい犬の日常と戦国時代あるあるが融合した作品。

・いとしのムーコ

とにかくムーコが可愛くて可愛くて、いとおしいのです。山奥でガラス職人をしているコマツさんと、柴犬ムーコの物語です。無心に幸せそうなムーコのしぐさを見ているだけで、目頭が熱くなるんです。