何でも食べてしまう、雑食性のハムスターの食生活

ハムスターは雑食性の動物

バナナを食べさせる

ハムスターの主食はご存じのようにペレットです。これは、もともと実験動物用の飼料なのです。ハムスターが健康的に飼育できるように、栄養成分がしっかり考慮されています。

ペレットは固いものになっていますので、歯の伸びすぎ防止に役立ちます。かじり木を齧らなくてもペレットを食べるだけで自然に歯が削れてくれるのです。

もし歯が削れないと一生伸び続けてあごに刺さってしまうんですよ。ハムスターは野菜や果物が大好き人間と同じで、時には甘いお菓子だって食べたいみたいです。

しかし、野菜や果物を与える時の注意点がいくつかあります。

1.とても栄養価が高い

特に果物、ここではバナナはカロリー・糖質ともに高いので、与えすぎに注意しなければなりません。乾燥バナナは特にカロリーが高いので要注意です。

2.繊維質が多いと下痢を起こしやすい

ハムスターのおなかは敏感なので、すぐに下痢を起こします。場合によっては、それが命に関わることも多々あります。

3.日常的に与えるのは絶対ダメ

乾燥バナナはカロリー・糖質とも著しく高い食べ物なので、日常的に与えることはやってはいけません。

喜んで食べる

野菜や果物は喜んで食べるので、つい調子に乗って、食べさせたくなります。しかし、ペレット以外の食べ物は基本的には要注意食物です。

繊維質が多いと下痢になりやすく、一度に与える量はほんの少し、1g~2g程度にしなければなりません。

市販されているペット用乾燥バナナは糖分がとても多く、食べさせすぎにはくれぐれも要注意しなければなりません。

バッタも餌にする

ハムスターはバッタもコオロギも食べます。ハムスターは基本的に雑食です。草の葉、草の茎、種子、昆虫などを食べます。

比率的には、穀物、種子類や野菜などを多いみたいです。肉系の比率は低いようです。野菜は水分の少ない緑黄色野菜チンゲン菜やカボチャ、ニンジン、ピーマン、サツマイモなど何でも食べます。

水分の多い、トマト、キュウリ、レタスなどは下痢の原因になります。野草も餌の宝庫ハコベ、タンポポ、クローバー、ナズナ、オオバコなどの野草も餌にできます。

農薬などのことを考えて、よく洗ってから、食べさせましょう。また、ウサギ用の餌の牧草も食べてくれます。

種子・穀物類は大好物ひまわりの種には、かなりの脂肪が含まれているので、栄養が偏ります。肥満、皮膚病、肝臓病といった病気になりやすいので、注意します。

ピーナッツ、カボチャの種、アーモンド、クルミ、ピスタチオなども大好きです。果物も喜んで食べるハムスターは果物も大好きですが、与えすぎると贅沢になります。

水を飲まなくなったり、野菜を食べなくなったりします。肉類も補給してあげるハムスターは雑食なので動物性タンパク質が必要です。

鳥の餌用に市販されているミルワームも食べます。コオロギやバッタ、イナゴも食べます。捕まえてきてら、あげてみます。それによって健康的で長生きもします。