犬のノミやダニは予防が大切、専用の首輪、もし見つけたらシャンプー

犬のノミダニ

ノミダニの恐怖

犬が痒がっていたらノミやダニを疑います。どこに行っても移るので予防するしかありません。ノミの唾液に含まれる物質がアレルギー症状を引き起こすこともあります。

吸血されて貧血を起こしたりすることもあるくらいです。小さなノミやダニだからって、油断していたら大変です。

ノミやダニによる症状

ひどい場合、背中から腰、尻尾のつけ根にかけて脱毛し、赤いブツブツができます。見ていてかわいそうになる程、ひどい皮膚病を引き起こす犬もいます。すごく痒がっていても、なかなか見つからないっていうケースもあります。

ノミやダニの生態

ノミやダニは春先から秋にかけての温かい季節の間、大量に発生し繁殖し続けます。暗くて適度な温度と湿度がある場所が要注意です。

犬用のベットやベットの下、人間の蒲団の中、人間のベットの下などが発生しやすい場所です。

ノミやダニの予防

犬のノミやダニの予防薬には色々なタイプのものがあります。どのタイプにもメリット・デメリットがあります。自分の環境にあった駆除方法を見つけましょう。

スポットタイプ

ノミ・ダニ駆除で最も有名です。犬の首の後ろに薬剤を滴下するタイプで、最も手軽で使いやすく動物も嫌がらないので使いやすいです。効果は1~3カ月続くので経済的にもいいかもしれません。

スプレータイプ

全身にシューッとかけて使用するタイプのものです。即効性があり、ワンちゃんだけでなくソファーやケージなどにも使うことができます。成虫の駆除に効果があります。

首輪タイプ

以前は首輪タイプの駆除剤が一番出ていたものです。駆除剤やノミよけ効果のあるハーブ剤などがついている首輪になります。首に巻いておくだけでいいので簡単です。

内服薬、注射

動物病院で購入・処置してもらうものです。それだけに安心で効果が高いです。成虫だけでなく、卵やサナギの成長も阻止する薬です。ノミがいなくても飲ませておくだけでノミ・ダニの予防になります。