犬の間で出来上がる、序列、仲間意識

猫が登場するプレゼント

猫ブームが反映しているみたい

最近、ハンドタオルなどのいただきもの、ほぼ「猫」だったりします。相手が猫好きだってわかっているのかどうか。一人に配られるわけではないはずです。

もらった全員が猫のハンドタオルを手にしているということになります。選ぶ人がほぼ「猫」を選んでいるということです。

ブランドやデザイナーは毎回違います。それぞれ違うハンドタオルをプレゼントに頂いているわけですから、ハンドタオル業界に猫旋風が巻き起こっているのかもしれません。

猫が苦手、という人も多いのは事実です。「あの目が怖い」「何考えてるかわからない」なんてよく聞きますね。

しかし独特のミステリアスで怖いという雰囲気はむしろ、〝おしゃれ″とか〝かわいい″ようにデザインされているものが多いので、その雑貨を見て「嫌だ~」と思う人は少ないんじゃないでしょうか。

猫の雑貨は、プレゼントにぴったり誰にも喜んでもらうなら、家で使う消耗品がいいでしょう。

猫モチーフの雑貨

機能性抜群のディッシュクロス(ふきん)は、何枚あってもいいものなので喜ばれます。ふきんなので、あまり柄が濃くないものを選ぶといいです。

猫が白抜きのものなど、お皿を拭くものなのでこのデザインだと清潔感があってとてもいいです。

猫の形のスポンジは、尻尾とか耳の部分で細かいところが洗いやすかったりするのかなと考えるとワクワクします。

肉球の形もありますが、これは猫好きの人にあげたほうがいいかもしれません。猫好きじゃないと肉球の良さはわからないわけです。

「キャットしゃもじ」もおもしろいですね。このしゃもじ、猫が四つん這いで尻尾をピンと立てているのですが、その尻尾がご飯をよそう部分なのです。

なので、猫の自然な姿でしゃもじが立っているのです。けっこうすぐれものです。プレゼントするなら、さりげない猫のデザイン誰にでも喜ばれると思います。

これがきっかけで猫グッズに目覚めたりしてなんて考えると嬉しくなります。

ある猫の一日

ごはんは1日2回、朝6時と夕方6時です。彼もそれをよくわかっていて、その時間が近づくと飼い主の周りをそわそわ、うろうろします。

ご飯の時だけ猫なで声を出します。いつもは寄ってこないくせに、かわいらしい声で「にゃ~」と鳴いてみたりもします。

ごはんの時だけは、お腹までなでさせます。ですが、ごはんが後回しになってしまう、なんてことになると彼はおもむろに、ごはん茶碗を触り始めるのです。