犬が死んだ、ペットの葬儀に花は必要?どんな種類を用意すればいいか

犬の葬儀

ペットの葬儀をする意味

昔は犬などのペットが死んだら、自分たちでお墓を作ったり、庭に埋めたりしていました。

最近は、ペットは家族の一員だという意識で、葬儀をきちんと行う人が多くなっています。

ペットが自分の子供のような、かけがえのない存在なのです。共に過ごして、たくさんの思い出を残してくれた家族として、感謝の気持ちで葬儀をするのです。

心の整理のためにも重要

ペットの葬儀には、家族の人たちが心の整理をするためにも重要です。葬儀の準備や供養の過程で、しっかりとお別れをして、自分の心と向き合うことができるのです。

感謝の気持ちで送り出すことができれば、きっとペットも喜んでくれていると感じます。そのような感情を持てる場として、ペットはきちんと葬儀することが望まれています。

ペットとの別れの流れ

1.ペットの火葬

一緒に火葬してあげるものも準備しておく必要があります。・お花・好きだった食べ物・小さな愛用品など

2.役所への届出や手続き

保健所に鑑札と狂犬病注射票を添えて、飼い犬登録の抹消手続きをします。血統書のある犬の場合、登録団体に連絡して所定の手続きを取ります。