ハムスターのトイレのしつけ、同じ所でおしっこをする習性に合わせる

ハムスターのトイレ

トイレのしつけで変わる環境

ハムスターは非常にデリケートな生き物で、正しい飼育方法を知らないと、1年も経たずにストレスで亡くなってしまうこともあります。

それは飼い主にとって悲しく、何よりハムスター自身にとってとても可哀想なことです。正しい飼育方法を覚えることはとても大切です。

トイレについて

ハムスターは巣作りとともに、特定の一ヶ所でおしっこをする習性があります。しかし、きちんとトイレの場所を決めてしつけてやらないと、最悪の場合、巣の中におしっこをしてしまいます。

衛生面で劣悪な状態はハムスター自身にとって良くない環境なので、必ずトイレの場所を決めてやり、しっかりしつけてやることが必要です。

トイレ用の砂や容器は市販で充分です。だいたいは巣として用意したところからなるべく離れた場所に置くのが普通です。

トイレの配置

ケージ内で飼育するなら、対角線状に巣とトイレを配置します。牛乳パックなどでトイレを作ってもかまいません。

要はトイレ用の砂がこぼれなければ良いのです。決まった場所でするのは、おしっこだけです。

フンに関してはところかまわずしてしまいますので、こまめに掃除してやりましょう。おしっこに比べたら気にする必要はありませんが、巣の中にしてしまった場合はなるべく早めに取り除くようにします。

トイレをしつけるのは大変ですが、ハムスターと長く共にいたいのなら、しっかりお世話してあげなければなりません。それもまた、重要な愛情表現なのです。

夢中になる回し車

育てる上ではなくてはならないアイテム

なぜハムスターは回し車を好むのでしょうか。ハムスターは本来、一日に一定の距離を移動したがりますので、たくさん走りたいのです。

しかし、ケースの中でハムスターを飼うということになると、ハムスターは十分な距離を走ることができず、欲求不満に陥ってしまいます。

そこで、回し車があれば、いくらでも走ることができるので、ストレスを解消できるということです。

回し車には大きく分けて2種類一つは、鉄製の回し車です。足を引っかけやすいため、場合によってはこのタイプの回し車の方が走りやすく、夢中になれます。しかし、時として、回し車に足が挟まったり、落下して骨折してしまうケースもあります。

二つ目は、プラスチック製の回し車です。このタイプの回し車であれば、足が引っかかってしまったり、回し車から転落してしまうというリスクを軽減させることができます。安全性を重視するということなら、こちらの回し車を選択するといいでしょう。

種類によって大きさに配慮

ハムスターによって好む回し車の種類が異なります。同じプラスチック製の回し車であっても、大きさや形状によって回しやすさにも差が出てきます。

また、大きいハムスターに対しては、その大きさに合わせた回し車を用意してあげるというような心配りも大切です。