ハムスターをきれい好きにするには?体を水で洗わない、環境整備を

ハムスターの環境をきれいにしたい

風呂に入れてもいい?

ハムスターの体をぬらすことは大変なストレスになります。お風呂に入れたことがもとで、風邪をひくなど、体調を崩す可能性も否定できません。

よほどのことがない限り、ドライシャンプーとブラッシングにとどめておくべきです。

もし、オシッコの汚れがどうしても取れない場合は、お尻のまわりだけ手早く洗って、ドライヤーですぐに乾燥させて負担を最小限におさえましょう。

敷き材は、毎日替える?

汚れないので、敷きワラ全体の交換は3日に一度程度でも大丈夫でしょう。トイレ以外の場所でもしてしまう場合は別ですが。

そんなときは、やはり毎日取り替えなければいけないでしょう。巣材は、巣の中に持ち込んだエサなどで汚れがちなので、できるだけ毎日取り換えます。

トイレを忘れてしまった

どのハムスター同士の臭いにも、敏感に反応するものです。縄張りを示すのはハムスターにとっては命がけのことなんです。

2階のハムスターにしてみれば、下からほかのハムスターの臭いがプンプンしてくるので、自分の縄張りを示すために、そこらじゅうにオシッコで臭いをつけているのでしょう。

もし、別々のケージにしても、あちこちでオシッコをするようなら、勝眺炎かもしれません。

トイレをきちんと教えたい

オシッコの臭いがついた薪などをトイレに入れておくと、トイレの場所を覚えてくれるはずです。

もちろん、まだ慣れていないハムスターなどは、排便排尿時には無防備になってしまうので、安全な小屋の中でしてしまうこともあります。

この場合は、安心感を与えるために、小屋のすぐ近くに、トイレを用意して上げます。

もし、これまでちゃんとトイレを使っていたハムスターが、小屋でオシッコをするようになった時は、室温が低すぎる可能性があります。

ケージの外でもオシッコをするの?

ハムスターは、たとえオシッコしている途中でも、何か異常を感じ取ったらそちらに意識を切り替える必要があるのです。

目先の事柄に反応して行動するという習性は、天敵だらけの弱い立場にあるハムスターが、とにかく生きのびるために体得しているものなんです。

もし、汚れたら、動物用のシャンプーで手早く洗ってください。この時、多少の油分が残ったとしてもハムスターがなめて自分できれいにします。

さらにストレスを最小限にくいとめるため、水にぬれている時間が短時間になるように、できるだけ素早くタオルで拭き、ドライヤーで乾かしましょう。