ハムスターの育児放棄、原因と対策、出産直後の母ハムスターは神経質

子どものことで気になること

子どもハムスターの数が減っていく

初産の母親は出産に慣れていないために神経質になりやすいものです。その結果、育児を放棄したり、子どもを食べてしまうことが少なくありません。

母親が落ち着いて、まだ生きている子どもを育てられるように、最低限の世話以外は温く見守ることに徹し、あとは母親に任せてください。

生まれたのはたった2匹

子どもの数が少ないと、母親の体に対する負担も小さいので、産後鋤日ほど経過すれば、次の出産をさせることもできます。

ただし、数匹しか生まれなかった時には、子宮内に胎児が残っているというケースがあります。この場合、そのうち腐ってしまい、母親に生命の危険をもたらすようなこともあります。

母親の様子に気をつけて、あくまでも育児のじゃまをしないようにして、体調が悪化した時はすぐ病院に連れて行ってください。

出産直後、親ハムが子ハムを食べた

また、少数の子どもの出産時には、子どもが大きく育ちすぎて、自力で出産できないこともあります。

子を食べてしまったとしても、母親に任せておくしかなかったのです。

取り上げてから時間がたっていないのなら、子どもに母親の臭いである尿や使用ずみの巣材をつけて、人間の手の臭いを消してから巣にもどします。

子ハムスターの大きさがまちまち

ドワーフはゴールデンに比べて群を作る傾向があるので、もしかすると里親による子育てが可能かもしれません。

大きい子はよく母乳の出る乳房を確保し、たくさん飲んでさらに大きく育ちます。小さい子は残った乳一房の乳で成長するので、離乳し始める7~10日目にはかなりの差になってしまいます。

小さくてもそれなりに、順調に成育していれば心配はありません。ただ、大きい子に離乳食を取られないように、集中的にエサを与えましょう。

また、離乳が終了したら、体の大小で、(さらにオスとメスで)分けて、それぞれ必要な量のエサが食べられるようにしましょう。