ハムスターもしっかり健康管理

病気のときや体調が悪いときの世話の仕方

人間の風邪がうつる

うつることはないので、隔離の必要はありません。それよりも、自分の体調が悪いからといって、ハムスターの世話をおざなりにすることだけは避けましょう。

どうやってクスリを飲ませる?

腰を振って嫌がるのが普通です。暴れるようなら、爪切りの要領で、タオルを使って頭をしっかり隠します。

ハムスターの切歯を避けて、スポイトなどの先を口の横から差し込めば、簡単に含ませることができます。

薬そのものを嫌がる場合は、薬に混ぜ物をしても大丈夫かを獣医に確認してから、ジュースなどに混ぜて与えるのも良い方法です。

また、目薬をさす場合も嫌がります。薬を飲ませたり目薬を上手にさすのは、飼い主の慣れがいちばんです。

きちんと運動制限をする

最小限の設備が入る大きさのものに交換します。必要最小限の設備とは、眠るスペース。トイレ。エサ置き場・水飲み場があるということで、歩く(ウロウロする)スペースはゼロと考えてください。

高さも低いものを選びます。金網を登ってしまうようであれば、水槽タイプを使用します。

また、トイレや小屋の入り口も、出入りが楽にできるように段差のないものにするか、段差にスロープを作るなど、工夫してください。

それでも狭いケージの中で暴れるような場合は、獣医に相談して鎮静剤を処方してもらうとよいでしょう。

病気の時のエサ

食欲が低下しているハムスターは、「おいしいもの」しか食べない傾向があります。食欲が落ちていても、おいしそうな匂いのするものや、容易に食べられるものなら食べるでしょう。

たとえば、ハムスターフード(ペレット)をお湯でふやかして、人肌程度の温度で与えたり、野菜を細かくしたりペースト状にして与えてみましょう。

それでも自力で食べない場合は、ペースト状のフードを、薬を飲ませるようにして、スポイトを利用して与えてみてください。

ただし、こういうエサは変質、腐敗しやすいので、十分に注意してこまめに取り替えてください。