ハムスターの怪我、口元や足が腫れていたり、なかなか治らなかったり

場合によっては早めの処置が必要な場合も

足の裏が赤くなっている

しもやけの可能性が高いと思われます。多少赤くなって腫れている程度なら、トイレの砂や敷きワラなどすべてを、やわらかく、足にくっつかない、しかも清潔さが保てる紙に替えます。

そして、数日様子をみればぶよぷよがおさまってくるでしょう。それでも、皮フが破れてジュクジュクしてくる気配があるなら、病院で診てもらう必要があるでしょう。

爪が1本なくなっている

出血が止って、本人も気にしていないのであれば、トイレや敷きワラなどを紙に替えて様子をみれば大丈夫です。

ただし、赤く腫れてくるようなら細菌感染を起こしている場合があり、ただちに手当てを受けるべきです。

ケージから落ちたら足を引きずっている

これ以上の損傷を防ぐためにも、動き回れない小さなケージに移します。後ろ足のけがなら骨折でない限り治る可能性は十分あります。

ただ、神経の麻痺を併発していると尿毒症から死亡してしまいます。排尿できているように見えても、新家の麻痺を起こしていることもあるので、すぐに診察を受けます。

歩行リズムがおかしい

歩行リズムがおかしかったり、足を上げたまま床につかないようにしている場合、骨折している可能性があります。

レントゲン検査のうえ、適切な治療を早く施さないと、治るものも治らないことになってしまいます。

ケンカして大ケガ

出血が止まっても、あとから腫れてきて、鼻腔狭窄を起こす危険性もあります。また、ハムスターの歯は細く鋭いので、ほかの場所に傷があっても、簡単にはわかりません。

大した傷ではないようでも、病院に連れて行き、早急に抗生物質を投与したほうがいいでしょう。

病気になったハムスターの隔離

可能ならほかの部屋に移すほうが管理しやすいでしょう。しかし、ワンルームなどで隔離が無理であれば、できるだけ離して置いてください。

それ以上に危険なのは、飼い主を介して感染することです。世話をしているハムスターにさわったり、ケージの掃除をしたあとで、元気なハムスターの世話をすることです。

これだとすぐに全部のハムスターが病気になってしまいます。必ず、よく手を洗ってから、別のハムスターにさわるよう注意すべきです。