猫の縄張りの範囲、 広さは広大、家の中に対しても縄張り意識がある

猫の驚異的な行動力と身体能力

遠くまで遊びに出かける

田舎のオスは80ヘクタール、都会のオスは13ヘクタールを巡回します。ネコの行動範囲は、オスとメスではずいぶんと異なります。

オスの行動範囲は、メスの約10倍の広さがあるといわれています。散歩をしながらメスが残したオシッコのにおいなどをかぎ、どのメスがいつ発情期を迎えるか、チェックをしなくてはいけないからです。

オスのなかには放浪癖があって、”フーテンの寅さん”のように何日も家に帰ってこないネコもいます。

ただし同じオスでも、田舎のオスと都会のオスでは行動範囲が大きく異なります。田舎のオスのホームレンジ(行動圏)は約80ヘクタール。およそ900メートル四方のスペースを定期的に巡回していることになります。

都会は食べ物が豊かで立体構造のため範囲が狭くなります。一方、都会のオスの場合はだいたい13ヘクタール。およそ360メートル四方。

建物が密集している場所では、もっと行動範囲は狭くなります。田舎に比べて都会がごみごみしているのは、人間の世界もネコの世界も同じです。

都会でネコが散歩をしていると、頻繁にほかのネコと出会います。そこでしょっちゅうケンカが起きていては、ネコとしてもたまりません。

そこでお互いに共生できるように、必然的に動き回れるホームレンジが狭くなってしまうのです。

ずいぶんと窮屈そうな生活ですが、人が多い分、都会には食べ物が豊富にあるし、人からごはんをもらえるので、狭い行動範囲でも生きていけるということでしょう。

ヒゲのおかげで狭いところを通れる

猫はヒゲのサイズで入れるかをはかり、やわらかいヒゲで通れるかどうかを計測します。

狭い場所を通り抜けようとするとき、ネコはまず計測をします。この計測をするときに使うのが、目の上に伸びているひげです。

ネコのひげの根元は、体毛よりも深く体のなかに埋まっていて、周囲には神経細胞が集中しています。

そのため、ヒゲが何かに触れると、敏感に感知します。ネコはこのヒゲを使って、ヒゲが障害物にあたるかどうかで、狭い場所を通り抜けられるかどうかを判断します。

障害物にあたった場合は、ムリだとなるわけです。ヒゲはネコの命綱。絶対切ってはいけません。

実際には、障害物がちょっとヒゲにあたる程度の広さなら通り抜けることができます。もともと胸の幅が狭く、前足を狭めて歩けば、狭い場所に入り込むことができるのです。

さらに弾力性のある背骨が動きを助けます。日々の生活に万能ヒゲが大活躍します。ちなみにヒゲは、口と目の上以外に、頬、あご、前足の裏側などにも生えています。

ネコはこの敏感なヒゲによって、風向きを知り、獲物のにおいがする方向を正確につかみます。

狩りの際、木々の間を駆け抜けても、異物がヒゲに触れただけで目は自然と閉じられ保護されます。

獲物を捕まえた後には、ヒゲによって獲物がまだ息をしているかどうかを察知できます。「ネコが顔を洗うと雨が降る」といわれますが、一説にはヒゲに湿気がつくことでヒゲに張りがなくなり、神経に触れるためだともいわれます。

また、興味のあるときにはヒゲが前に倒れたりして、感情まで表現できます。だからネコのヒゲはとても大切です。決して切ったりしてはいけません。