犬も恋愛?、異性に目覚めるが現実は厳しい

子孫を残したい、本能が恋を生み出す

なかなか告白できない奥手の犬

これは、勇気がないのではなく経験不足なんです。社交性は子犬のころからきたえられるものなのです。

犬には恋愛感情はありませんが、交際上手の犬と、苦手な犬がいるのは事実です。

子犬のころにしっかり社会勉強をして、おおらかに育った犬は、相手が異性か同性かにかかわらず、ほかの犬と上手に交際をすることができます。

対面したときの挨拶の仕方が上手で、相手を寛容に受け入れられるため、公園での遊び友達としてだけでなく、結婚相手としても最適といえるでしょう。

そっぼを向いてしまうのは奥手

交配に成功した経験があると、その体験を覚えているため、雄はヒー卜(発情)中の雌に出会ったとき、より積極的になります。

ただし恋愛感情ではなく、あくまでも子孫を多く残したいという動物的本能です。社交下手な性格の原因は、体験不足です。

子犬のころに社会勉強をしなかった犬は、ほかの犬や家族以外の生き物、家の外の出来事にたいして、過剰に神経質になります。

恥ずかしがりな性格なため、ほかの動物はもちろん、犬同士のつきあい方もわからず、経験も重ねられません。

結婚相手どころか、公園で遊び相手と接することもできません。社交下手な性格に見える犬がいるとしたら、勇気がないのではなく、経験が足りないのです。経験をつめば、積極的な犬になります。

異性への愛に目覚めるのは、何歳ごろ

生後6カ月をすぎると本能が働きだします。はじめてのヒート(発情)の時期は、犬種により異なりますが、小型犬なら早ければ生後4カ月前後にやってきます。

成熟に時間のかかる大型犬はもう少し後で、生後1年前後です。それは雌にとっての思春期でもあります。一方、雄が交配可能となるのは、思春期がおとずれる生後6〜12カ月といわれています。

最初のヒートがきたからといって、かならずしも完全に成熟した体になったわけではありません。妊娠することは可能ですが、1歳未満での繁殖はやめたほうがいいでしょう。

ヒートして異性を求める姿を見ると、感情がこもったことのように思えますが、恋愛感情はありません。子孫を残すための本能的な行動です。興奮をするのも、相手を追い求めるのも、やはり本能といえます。

もてる、もてないの違い

誰とでも仲良くできる性格の犬がもてます。犬は見ためのかっこよさで相手を選ぶことはありません。それでも「うちの犬には、ヒート(発情)に関係なくいつもオス犬が寄ってくる」と自慢する飼い主さんがいるのも事実です。

たしかに、よくもてる犬はいます。公園や散歩コースなどで、おおらかな犬や、性格のよさそうな犬が好かれているケースをよく見かけます。

おそらくそういう犬たちは、どの犬にたいしても攻撃的ではなく、支配性も低いのでしょう。優しい性格で、おだやかなしぐさをします。

ほかの犬たちにとっては、近寄っても威嚇されないので、そばに行きやすいのでしょう。そのため、多くの犬が集まるわけです。

もてるにおいを出している犬

温厚な性格の犬には、誰とでも仲良くできるという魅力がありますが、もてる理由がそれだけで説明できるわけではありません。

性格のほかに、犬だけにわかる魅惑的なフェロモンのようなにおいを発していることも考えられます。ただし、においや身体的な特徴と、もてることとの関係は、いまのところ科学的にはわかっていません。