ハムスターの冬の飼い方では温度管理が大切、野生の巣穴を想定する

寒い季節の飼い方

気をつけたい温度管理

冬のハムスターの飼い方で気をつけたいのは温度管理です。温度が10~5℃以下になると冬眠や冬眠を通り越して凍死してしまう恐れがあるからです。

暖房の使い方にも工夫が必要です。日本全国住んでいる地域にもよりますが、寒い季節には暖房をつけ20~25℃くらいの室温にしている家庭が多いと思います。

夜寝る時にはすべての暖房器具の電源を切り真冬の朝方には0~5℃位の温度になってしまうとハムスターにとって絶体絶命のピンチになりえます。

野生では巣穴がある

野生のハムスターの場合、冬の外気は5~10℃でも巣穴を15℃前後になるように作りこんでいます。

そして、春夏秋冬それぞれの季節の移り変わりとして徐々に気温が変わっていくので体の対応できるのです。

家の中では温度差は大きすぎるのです。自宅でハムスターを飼う場合一日のうちで暖かい時間と寒い時間、寒暖の差が激しいことになります。

同じ幅の気温に対応できるハムスターであっても体に負担がかかり体調不良の原因となります。

寒さに弱いハムスター

冬になったら寒さ対策がとても大切冬は人間も寒いですが、ハムスターはそれ以上に寒さを感じています。

場合によっては体調をくずして死んでしまうこともあります。健康で長生きしてもらうためには、寒さ対策を工夫しなければなりません。

部屋全体を暖めるストーブやエアコンなどで部屋を暖めます。温風が直接ハムスターのケージに当たらないように気をつけます。

直接温風が当たると体調を崩すことがあります。ハムスターのみを対象に部屋全体を暖めるのは効率が悪いものです。

野生では、温度変化の激しい砂漠に住んでいます。しかし温度変化に強い動物ではありません。砂漠では、二メートル以上もの巣穴を掘ります。

そこで外界の温度変化の影響を受けにくい状態で暮らしています。だから、生きていくことができているのです。

部屋の温度を20℃位に保つ

床材をたくさん入れてあげたり、新聞紙を入れてあげると良いでしょう。常に温度管理をしてあげることハムスターの部屋に温度計を設置して温度を確認します。

ハムスターの部屋の位置が今の場所で良いのか今一度確認してあげるようにします。