犬の血統書が発行されたけど、見方がわからない、必要性はあるのか

犬の血統書の仕組み

犬の血統書の意味や見方、発行

血統書はその犬が純血犬でだと言うことの証明です。また、その犬の祖先の情報を知る家系図にもなります。

正式には「血統証明書」といい、JKC(ジャパンケネルクラブ)に登録申請が必要となります。

申請内容が承認されると、犬籍原簿に登録され、晴れて血統証明書が発行できるようになります。

犬籍原簿とは

人間に例えると「出生届」です。大変重要なものなのでJKCをはじめ、世界のケネルクラブで永続的に保存されるのです。血統書があればドッグショーや訓練競技会などの参加が認められます。

血統書は繁殖を行うときに最も役立ちます。純血犬種の理想の姿を「犬種標準」といいます。それを維持した繁殖を行うことができるようになります。

血統証明書の内容

犬名

大別して犬舎名と名前とからなります。犬名(英字)は犬舎名と合わせて35文字までと規定されています。

犬舎名とは母犬を所有しているブリーダーの屋号、名前とは犬そのものにつけた名称で、犬名リストとして公開されます。

本犬データ

犬の犬種を示すパートです。犬種名は全犬種記号と呼ばれるアルファベットで示されます。

・スタンダード・ダックスフンド⇒DH

・ミニチュア・ダックスフンド⇒DHM

・カニーンヘン・ダックスフンド⇒DHK

DNA登録番号

犬から採取したDNAデータを記載したものになります。

lD番号

マイクロチップまたはタトゥーによる個体識別番号です。マイクロチップとは、固有の識別番号が記録されているチップを頸部皮下に埋め込みます。

タトゥーは、識別番号を耳または腹部に入れ墨する方法です。

股関節評価、肘関節評価

これは任意で記載される項目で、股関節と肘関節の遺伝的疾患にかかりやすいかどうかを専門機関が評価した結果が記載されています。

繁殖者・所有者・譲渡年月日

繁殖者は犬の繁殖者であるメス犬の所有犬舎、所有者は登録上の所有者名が記されています。通常はメス犬の所有者であるブリーダーの名前が記載してあります。

父親の血統図

3代祖血統証明書の場合父方の祖先が3代に遡って記載されます。

母親の血統図

3代祖血統証明書の場合母方の祖先が3代に遡って記載されます。

登緑日、登録頭数

登録日は犬がJICに登録された日で、登録頭数は一緒に生まれた兄弟(一胎子)数をオスとメスとに分けて記載してあります。他にチャンピオン賞歴なども記載されています。

血統書にこだわる理由

多くの人は、血統書の意味を詳しく知らないにもかかわらず、血統書付きの犬に価値を見出し、高いお金を払って購入する傾向があります。

これには、主に3つの傾向が考えられると思います。

ラベリング効果

外に貼られたラベルによってその対象の価値が決められてしまういう心理現象です。

単純接触効果

多くの目に多く触れれば触れるほど、人はその対象に好感を抱くようになるという心理現象です。

見栄

飼い主が自分の経済力や生活水準の高さをアピールできるという「見栄」としての意味です。