ハムスターを飼うときの基本的なことは?

Q.最初に飼うのは赤ちゃんハムがいい?

A.生後2か月以上の若いハムスターが適しています。

たしかにハムスターの赤ちゃんほどかわいいものはありません。でも、乳離れをしていてもまだ赤ちゃんです。

抵抗力も休力も無いので、細やかで適切な世話と、わずかな変化もに逃さない鋭い観察眼が必要です。

初めて飼うのなら、生後2か月以上の若いハムスターが適しています。小さいうちに飼わないと慣れないのでは、と心配する人もいますが、性格のよいおとなしい子は、問題なく慣れるので安心です。

Q.どうして部屋じゅうオシッコの臭いだらけになるの?

A.おしっこのしつけができていないからです

もともと、巣穴を作ってその中で生活するハムスターは、決まったところにトイレを作ります。結論をいえば、寝場所や食事場所ではまずオシッコをしません。

これはペットのハムスターも同じです。ゲージの中にトイレを作ってあげれば、そこでオシッコをすることを覚えます。

たとえゲージの外に出したとしても、わざわざゲージに戻ってからオシッコをするようになります。部屋のあちこちでオシッコをするような動物ではないです。

Q.ドワーフにいいケージやグッズはどんなもの?

A.ケージが広く床面積が大きい分には、いくら大きくてもかまいません

きっと楽しく中を走り回ってくれます。当然手入れは大変です。でも高さは15cmから20cmにします。

そうでないと、金網をよじ登って、天井にあがり、下に落ちた時に骨折などの大ケガをする危険性が高くなります。

もし高さがあっても、水槽や衣装ケースを利用したケージで、上に登ることが不可能なものならばよいでしょう。

また、床が金網だと、足をひっかけてケガをするので、金網をはずしてしまうか、上に敷物を敷いてください。

小屋もも休の大きさ合ったものを選びます。よく見られる、プラスチック裂で屋根がはすせる小屋型タイプは、ドワーフにちょうどいい大きさです。

Q.巣材のワラを嫌がっているみたい

A.ハムスターは自分で好みの大きさにかみ切って巣を作ります。

もっとも手軽でF手入れも簡単なのは.細かくちぎったティッシュペーパーや雑話などの紙です。

あなたが細かく切らなくても、ハムスターが自分で好みの大きさにかみ切って、上手に寝床を作ります。

ワラなどでもチクチクするということはまずないはずです。自分でかんでやわらかくして、好みの寝床を作ります。

ウッドチッブ系の素材では、アレルギー性の皮膚炎や粘膜の炎症を起こすことがあります。もしかしたらそのせいで、嫌がっているのかもしれません。